メールや動画の閲覧、世界中の人との情報交換がいつでもどこでもできる。今ではビジネス、プライベート、どこでも当たり前の風景です。

そんなモバイル環境を支えているのが、充電して繰り返し使うことのできるリチウムイオン二次電池です。高機能であればあるほど多くのエネルギーを使う電子機器。より小型で高容量となったリチウムイオン二次電池のおかげで、私たちは機能のたくさん詰まった電子機器を気軽に持ち運ぶことができます。

  

リチウムイオン二次電池の活躍は小型電子機器にとどまりません。今後は電気自動車やプラグインハイブリッド自動車のエネルギー源として、また、太陽光発電や風力発電、非常用電源向けの蓄電池など、大型のリチウムイオン二次電池への活用も進むと考えられています。

昭和電工では、リチウムイオン二次電池がみなさんにとって、もっと身近な存在となるため、各種部材の開発を行っています。性能向上への貢献はもちろんのこと、安心してお使いいただけるリチウムイオン二次電池を世界に提供するため、安全性・信頼性の高い部材づくりに取り組んでいます。