大型機械からスマートフォンまで、電気を利用するものには、電気の流れを制御し、正しい動作を行わせるための電子回路基板が搭載されています。

技術が高度化し、より精密な機能や動きが求められる昨今では、電子回路もより複雑化しています。回路が複雑になれば製造工程もより複雑になり、生産の効率は下がり、製造コストは上昇します。

そこで期待されるのが次世代の電子回路製造技術であるプリンテッドエレクトロニクス。プリンテッドエレクトロニクスとは、紙に文字を印刷するように、基板の上にインクで回路を印刷して電子部品を作る新しい技術です。

 

現在、主流のエッチングによる回路形成に比べ、材料を無駄なく使うことができ、また、大幅に工程を省略できることから、製造にかかるエネルギーが削減され、環境に与える負荷も抑えることができます。

昭和電工では、プリンテッドエレクトロニクスで基幹部材となる基板とインクに注目しています。自社が保有する技術だけにこだわらず、社外の知識や技術を積極的に取り込みながら研究開発を進め、プリンテッドエレクトロニクス技術の向上に貢献しています。