企業理念

昭和電工グループは経営理念のもと、豊かさと持続性の調和した社会の創造に貢献する「社会貢献企業」の実現を目指しています。
この方針をステークホルダーの皆様にしっかりと「約束」させていただく宣言としてスローガンを制定しました。
また、経営理念を実現していくために、さらには国際社会と当社グループの持続的発展のために、私たちが何をしていくべきかを「私たちの行動規範」として定めました。

理念体系図

昭和電工グループ経営理念

私たちは、社会的に有用かつ安全でお客様の期待に応える製品・サービスの提供により企業価値を高め、株主にご満足いただくと共に、国際社会の一員としての責任を果たし、その健全な発展に貢献します。

企業価値の持続的な向上により社会から信頼・評価されるためには、株主様をはじめ、お客様、取引先、地域関係者、社員などのステークホルダーの皆様と適切な関係を維持・発展させていくことが重要であり、これを「グループ経営理念」として明確にし、その実現に向けた経営を推進しています。

グループスローガン「具体化。」

夢や、願いや、思いつきにハッピーエンドを。

想像するだけでは、何もはじまらない。カタチになってこそ、世界は大きく変わる。
だから、私たち昭和電工の真ん中には常に、具体化への強い意志があります。
それは、ひとりひとりが、最後までやりきる、ということ。

そのために私たちは、新しい発想と深い技術力を持つ個性派企業として、すばやく大胆に行動し、静かな集団から、燃える集団へ変わります。
そして、世界中の先進企業たちと、ともに考え、ともに働き、最良のパートナーとなることで、ひとつでも多く、人々の豊かな暮らしへの願いを、具体化していきます。

スローガン「具体化。」

地球環境やエネルギー・資源の問題、加速するグローバル化、そして、デジタル化に伴う情報コミュニケーション領域の飛躍的な拡大など、私たちを取り巻く状況は、大きく変化しています。このような中、環境への負荷を減らしたり、情報化社会を支え続ける製品や技術に対して、世の中から多くの期待が集まっています。
そこで、昭和電工グループは「移動・輸送」、「生活環境」、「インフラケミカルズ」、「エネルギー」、「情報電子」という5つの市場領域において、全社一丸となり人々の願いや夢を一つでも多く化学の力で実現していくという強い決意のもと、「具体化。」というスローガンを採用しています。

シンボル「鉛筆」

具体化の最初の一歩。それは、頭の中で考えたことを実際に書き出すこと。
そこで、人類の夢や願い、アイディアやひらめき、そして思いつきまでもカタチにしていく創造性を象徴するアイコンとして、鉛筆をモチーフにしました。

私たちの行動規範と実践の手引き

私たちの行動規範

1. 国際社会の一員としての自覚をもって誠実に行動します。

  1. 1 )法令を遵守することはもとより、高い倫理観をもって行動します。
  2. 2 )レスポンシブル・ケアを推進します。
  3. 3 )公正かつ自由な競争を基本とした取引を行います。
  4. 4 )人権を尊重します。
  5. 5 )贈収賄等の腐敗防止に取り組みます。

2. お客様に満足と安心を提供します。

  1. 1 )お客様にご満足いただき、国際社会の発展につながる、個性的な製品・技術・サービスを開発し提供します。
  2. 2 )ビジネスパートナーと協働して、お客様の期待に応える製品を安定的に供給します。

3. グループ全社員が力を発揮できる企業風土をつくります。

  1. 1 )個性の尊重、自由な発想、建設的な議論により、新たな価値を創造します。
  2. 2 )安全を最優先とし、職場環境の維持・向上に努めます。

4. 地域社会の期待に応えます。

  1. 1 )立地する国・地域社会に対し適切に情報を開示し、コミュニケーションを進め、相互理解を深めます。
  2. 2 )立地する国・地域社会とともに成長し、その社会・経済の発展に貢献します。

5. 地球環境の維持改善に取り組みます。

  1. 1 )事業活動における環境負荷を低減し、気候変動の抑制、生物多様性の保全に貢献します。
  2. 2 )環境問題の解決に貢献する製品・技術を開発し、提供します。

(「私たちの行動規範」は各国の昭和電工グループ各社に適用、「実践の手引き」は日本国内の昭和電工グループ各社に適用されるものです。)

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader(無償配布)」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社のサイトで入手することが可能です。
※Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

Get ADOBE READER

ページトップへ