使用済みプラスチックのアンモニア原料化

Contents HOME
昭和電工KPR(ケーピーアール)
ケミカルリサイクル
ガス化手法
KPR(ガス化手法)工程
処理可能なプラスチック
工場見学のご案内
お問い合わせ

 

バーチャル工場見学

 

 

Links

昭和電工株式会社

昭和電工ガスプロダクツ株式会社

昭和電工KPR プラスチックケミカルリサイクル

HOME > ガス化手法

ガス化手法

KPRのガス化とは

KPRのガス化手法は、圧力容器の中で少量の酸素と蒸気を制限しながら供給し高温高圧の状態でプラスチックをガス化、合成ガスとして取り出すという手法です。

まず、圧力容器に入れるため使用済みプラスチックを圧縮し、成形プラにします。
  

この成形プラを低温ガス化炉と高温ガス化炉の二段階でガス化することにより水素と二酸化炭素の合成ガスを作りそれぞれアンモニア、液化炭酸ガスの原料になります。

 

 

 

このガス化技術は宇部興産(株)、(株)荏原製作所がNEDO(新エネルギー・産業技術綜合開発機構)の委託により 実証したものを技術導入し、2003年から昭和電工(株)が本格稼動させたものです。

 

 

昭和電工

 

昭和電工株式会社 川崎事業所 プラスチックケミカルリサイクル推進室
〒210-0867 神奈川県川崎市川崎区扇町5-1 TEL:044-322-6979 FAX:044-355-8435