使用済みプラスチックのアンモニア原料化

Contents HOME
昭和電工KPR(ケーピーアール)
ケミカルリサイクル
ガス化手法
KPR(ガス化手法)工程
処理可能なプラスチック
工場見学のご案内
お問い合わせ

 

バーチャル工場見学

 

 

Links

昭和電工株式会社

昭和電工ガスプロダクツ株式会社

昭和電工KPR プラスチックケミカルリサイクル

HOME > KPR(ガス化手法)工程

KPR(ガス化手法)工程

 

使用済みプラスチックを分別収集(圧縮梱包)

 

ご家庭から出されるプラマーク プラマーク の付いた使用済みプラスチックを自治体が分別収集し、圧縮梱包します。

 

工程1

破砕成形設備にて 減容成形

 

収集された使用済みプラスチックは昭和電工川崎事業所へ運ばれ、投入コンベアーにより破砕機に投入されます。

破砕した使用済みプラスチックは異物を除去した後、成形機により小さな固まり(成形プラ)に加工されます。

 

 

工程2

ガス化設備にて 合成ガスを製造

 

2つのガス化炉を通ってプラスチックは合成ガスになります。 プラスチックの固まりは「低温ガス化炉」と「高温ガス化炉」という2つのガス化炉の中で温度と圧力を調整され、水素と二酸化炭素の合成ガスとなります。

昭和電工ガス化プロセスは合成ガス生成過程で回収されるスラグ、金属類、塩、硫黄は、全て「資源」として有効利用されるゼロエミッション型リサイクル設備です。

 

 

工程3

合成ガス中の水素からアンモニアを製造

 

ガス化設備で作られた水素と二酸化炭素の合成ガスは、アンモニア製造設備へ運ばれ、合成ガスから水素を取り出し、その水素を利用してアンモニアが作られます。

二酸化炭素は隣接している工場にてドライアイス、液化炭酸ガスとして出荷されています。

 

 

暮らしを支える化学製品 アンモニア

 

アンモニアは無色・透明の気体で、洋服やプラスチック製品など、暮らしに身近な製品の原料や薬剤として使われる化学製品です。 また、アンモニアは窒素酸化物を除去することができ、環境保護に役立つ薬剤として使われています。

昭和電工のアンモニアは環境調和型アンモニア「ECOANN®(エコアン)」として広く全国各地でご愛用いただいています。

 

 

昭和電工

 

昭和電工株式会社 川崎事業所 プラスチックケミカルリサイクル推進室
〒210-0867 神奈川県川崎市川崎区扇町5-1 TEL:044-322-6979 FAX:044-355-8435