トップページ>ニュースリリース>2001>昭和アルミニウム(株)合併に伴う組織改定について

ニュースリリース

昭和アルミニウム(株)合併に伴う組織改定について

2001年2月21日

昭和電工(株)(大橋光夫社長 SDK)は、昭和アルミニウム(株)(小島巖社長 SAK)との合併に伴い、2001年3月30日付けで下記のとおり組織改定を行ないます。

1. 改定内容

(1)事業部門

  • アルミニウム材料事業部門、アルミニウム加工品事業部門の2事業部門を設置する。
  • 両事業部門配下に、それぞれアルミニウム材料事業企画部、アルミニウム加工品事業企画部を設置する。
  • 現行SDKアルミニウム事業部の地金グループをメタルセンター、ショウティックグループをショウティック事業部とし、アルミニウム材料事業部門配下の組織とする。
  • 現行SDKの千葉事業所をアルミニウム材料事業部門配下の組織とする。
  • 現行SAKの圧延品事業部、箔事業部、押出品事業部、SADプロジェクト、堺事業所(堺製造所を改称)、彦根事業所(彦根製造所を改称)をアルミニウム材料事業部門配下の組織とする。
  • 現行SAKの情報機器部品開発部、熱交換器事業部、OA機材事業部、パネル事業部、アルミ缶営業本部、小山事業所(小山製造所を改称)、那須事業所(那須製造所を改称)をアルミニウム加工品事業部門配下の組織とする。
  • 現行SAKのMD事業部(メモリーディスク事業部を改称)をエレクトロニクス事業部門配下の組織とする。

(2)スタッフ部門

  • スタッフ部門の組織は、現行SDKのとおりとする。
  • 現行SDKの技術研究本部配下にアルミニウム技術研究センターを、生産技術本部配下にアルミニウム生産技術部を設置する。
  • アルミニウム技術研究センター配下に堺研究室、小山研究室を設置する。

(3)その他

  • 監査機能を強化するため、内部監査委員会を廃止し、監査室を設置する。
  • 企業カルチャー変革プロジェクトを企業変革推進室と改称する。

2. 実施期日

2001年3月30日

以上