トップページ>ニュースリリース>2001>フォトレジスト等の原液事業の提携に関して

ニュースリリース

フォトレジスト等の原液事業の提携に関して

2001年3月22日 Sachem Inc. 昭和電工株式会社

半導体用ポジ型レジスト現像液の原液であるTMAH(テトラ・メチル・アンモニウム・ハイドロオキサイド)事業において世界最大のセイケム社 (Sachem Inc. 米国テキサス州 John E. Mooney CEO)と昭和電工株式会社(東京都港区 大橋光夫社長)は、同事業で提携することに合意いたしました。
TMAHは、半導体フォトレジスト、TFT液晶用現像液の原液で、世界の市場規模は2000年の約3万トンに対して2004年には4万トン超と今後も継続して需要の高まりが見込まれる製品です。
なかでも日本、韓国、台湾、中国を中心としたアジア地区において、市場規模は同期間に約1.5倍成長し、全世界の過半数量を消費すると推定されております。
提携内容は、以下の通りです。

  • 1.昭和電工がセイケム社の日本法人であるセイケム・ジャパン(株)(SJL)に34%出資する。
  • 2.SJLの社名をセイケム昭和(株)に変更するとともに、アジア地区をテリトリーとするTMAH製造販売会社とし、両社のアジア地区の販売を統合する。
  • 3.昭和電工東長原事業所(福島県河沼郡)のTMAH製造設備をセイケム昭和(株)に譲渡する。
  • 4.東長原事業所の製造設備能力を倍増し、コスト競争力を強化する。
  • 5.東長原事業所での製造は、昭和電工がセイケム昭和(株)より受託する。

セイケム社は、日本を含むアジア地区の販売を強化するため、同地区の供給基地を確保するとともに、昭和電工がアジア地区に有する半導体向け関連製品のサービス網を活用することが可能となります。また、TMAHは昭和電工にとって、半導体向け関連製品である特殊ガス、除害装置、ソルファインとともにコア事業として強化すべき製品であり、この提携によりコスト競争力が一段と強化されます。このような両社の考えが一致し、今回の提携に結びつきました。
セイケム昭和(株)は、東長原の製造設備の第二次増設を視野に入れながら、セイケム社製品の輸入を一部継続することで安定供給体制を確立し、アジア最大のTMAH供給メーカーを目指してまいります。なお、同社では2004年の売上高を15億円と計画しております。

以上

セイケム昭和(株)の概要は以下の通りです。
本  社 東大阪市水走5-6-27
工  場 昭和電工(株)東長原事業所内、本社内に充填、希釈設備
資本金 75百万円
出資比率 セイケム社 66% 昭和電工(株) 34%
代  表 岡野 光彌(セイケム・ジャパン代表取締役) 役員構成 セイケム社 4名、昭和電工(株) 2名
(ご参考)
Sacheem Inc.の概要
本社 米国テキサス州オースチン
工場 米国テキサス州クレボーン
設立 1950年
CEO John.E.Mooney
事業内容 TMAH、溶剤、樹脂の製造販売および各種OEMサービス