トップページ>ニュースリリース>2001>新規 機能性化粧品原料の販売開始について

ニュースリリース

新規 機能性化粧品原料の販売開始について

2001年11月13日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、予てより、天然由来で低刺激性かつ高性能の界面活性剤の研究開発を進めており、このほど、クレンジング剤や各種乳液、洗浄剤等に利用できる新規機能性化粧品原料サーファクチンナトリウム(商品名「アミノフェクト®」)の販売を開始いたしました。

近年、化粧品やトイレタリー製品では肌の乾燥感、つっぱり感、かゆみ、肌荒れなどによって、いわゆる乾燥肌、敏感肌と感じる消費者の増加、また、アトピー性皮膚炎患者の症状増悪化傾向等により、「肌にやさしい」「低刺激性」の原料を配合することが求められるようになっております。

サーファクチンナトリウムは、バイオサーファクタント(天然由来の界面活性剤)として古くから存在が知られていました。しかし、生産性が著しく低いため、これまで工業的に利用された例はありませんでしたが、この度、当社はサーファクチンナトリウムを高濃度で大量に生産する技術を確立し、「アミノフェクト®」として供給が可能になりました。 さらに化学的、生理学的評価を通じ、「アミノフェクト®」が極めて強力な界面活性作用を持ち、少量の使用で高い乳化安定性や分散性を示すこと、皮膚刺激性が従来の低刺激性界面活性剤に比べ際立って低いことを確認いたしました。また、生分解性が高く、安全性にも優れていることも明らかとなりました。
上記特長により、「アミノフェクト®」の少量添加により各種オイルの透明ジェルを容易に調製でき、クレンジング剤や各種乳化系製品、洗浄剤等に幅広く応用できるという、化粧品の処方上有用な性質を有しております。

当社は、「アミノフェクト®」のこのような特長を生かし、化粧品用途での市場開拓を本格的に進めてまいります。なお「アミノフェクト®」は本年3月、薬事法上の新規化粧品原料としての登録を受けております。さらにそのユニークな特性に注目し、化粧品分野以外の工業分野にも広く用途開発を行ってまいります。
販売計画は、数年後に10億円程度の売り上げを見込んでおります。

以上