トップページ>ニュースリリース>2001>プラズマディスプレー用アルミ放熱板 "ST60"シリーズ開発

ニュースリリース

プラズマディスプレー用アルミ放熱板 "ST60"シリーズ開発

2001年11月20日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、放熱対策が必要なプラズマディスプレー(PDP)用放熱材として、新アルミニウム合金"ST60"シリーズを開発し販売を開始いたしました。
PDPは美しい画像を表示するために、内部に熱を発生する部品を多く搭載しております。そのため、軽量で、放熱性が高く、かつワイドな画面を十分に補強する強度を持つPDP用放熱板が求められておりました。

当社が保有する合金設計技術とアルミ加工技術を駆使し、マーケットニーズにお応えすべく開発した"ST60"シリーズは、
①純アルミと同等の熱伝導性を持ち
②一般的に高強度アルミ合金として使用される5052合金とほぼ同等の強度を持つ強さを薄板で実現したものであり、PDP用放熱板として必須の条件である「高い強度」、「良好な熱拡散性」、「軽くて薄い」という特性を有する、優れたアルミニウム圧延材料です。

当社は、現在推進中の連結中期経営計画「チータ・プロジェクト」において、高付加価値アルミ加工品事業を成長戦略事業と定め、積極展開を図っておりますが、本件はその一環であります。

今般、"ST60"シリーズはその特性を高く評価され、国内外のPDPメーカー、液晶メーカー、ノートパソコンメーカー等に採用されました。当社は、以下のエレクトロニクス各分野をターゲットとし、さらなる市場開拓を進めてまいります。

  • 1.プラズマディスプレー用放熱板
  • 2.液晶ディスプレー用放熱板
  • 3.メタルベースプリント基板のベース板

なお、本製品の販売計画は、3年後に20億円の売上を目指しております。
当社は、これまで蓄積したアルミニウム合金設計技術、アルミニウム加工技術に加え、さらに有機化学、無機化学の技術を融合させることにより、エレクトロニクス産業分野を始めとする各分野の発展、高度化に貢献を続けてまいります。

以上