トップページ>ニュースリリース>2002>昭和エンジニアリング(株) 高効率の光触媒脱臭装置を開発

ニュースリリース

昭和エンジニアリング(株) 高効率の光触媒脱臭装置を開発

2002年5月22日

昭和電工株式会社(大橋 光夫社長)の総合エンジニアリング部門を担う昭和エンジニアリング株式会社(東京都港区、三谷 進社長)は、光触媒酸化チタンと低波長域紫外線ランプを組合せた脱臭装置(商品名:フォトキャット)を開発し、この度、本格的に販売を開始いたしました。

この光触媒脱臭装置は、内面に光触媒をコーティングし、さらに全長40cmの低波長域紫外線ランプ(波長400nm以下)を中心部に固定した円筒に、内蔵吸気ファンを使用して臭気等を通す機構の、新しいタイプの小型脱臭装置です。従来品に比べ、臭気等と光触媒との接触効率を向上させ反応速度を速めることで、脱臭処理時間を大幅に短縮することが可能となりました。また、標準品では9本の円筒を使用いたしますが、要求性能に応じ円筒の本数を変えることができるため、最適設計が可能なユニットシステムであります。
なお、光触媒には昭和電工(株)が生産するブルッカイト型の光触媒酸化チタンを使用いたします。

病院や特養ホーム等では、一般的に寝具類の脱臭殺菌にオゾンシステムが使用されておりますが、オゾンの酸化によって強い酸性臭(分解副生成物)が生じております。この光触媒脱臭装置を併用することで酸性臭の迅速な除去が可能となり、第1号機が岩手県の県立病院に採用されました。
本製品は、この他に食品加工工場やスーパーマーケットのバックヤードで発生する調理臭の脱臭、ビルや高層マンションのごみ庫の脱臭に最適です。

さらに昭和エンジニアリング(株)は、本製品を応用し脱臭、脱色効果、CODおよびBODの改善効果を発揮する水質浄化装置を開発し、水溶性切削油向けをはじめとする様々な分野で用途開発を展開しております。
なお、本製品シリーズの売上高は3年後に年間5億円を見込んでおります。

昭和電工グループが現在推進中の連結中期経営計画「チータ・プロジェクト」とそれに続く「プロジェクト・スプラウト」において、「アメニテイーライフ」をターゲット市場と定め、成長戦略事業である環境ビジネスに注力しております。
昭和エンジニアリング(株)は、特長技術である酸素活性汚泥法(ユノックス・システム)を中心に産業排水・下水処理、農業排水処理、生活排水処理、触媒酸化式排ガス処理、脱臭処理等、環境改善事業を幅広く展開しております。また、昭和エンジニアリング(株)は光触媒関連装置を含む排ガス・排水処理設備、廃棄物処理設備、温室効果ガス処理設備等の新たな事業展開で、現状年間70億円の環境ビジネスを2010年に150億円規模へと拡大させる計画です。

以上

■お客様お問い合わせ先
昭和エンジニアリング(株)プラント事業本部開発営業部  03-3457-5123

(ご参考)
昭和エンジニアリング(株)の概要

本社所在地 東京都港区芝浦3-17-12
代表者 取締役社長 三谷 進
設立 昭和39年4月
資本金 4億70百万円
売上高 425億円(2001年3月期)
事業内容 総合エンジニアリング事業

参考写真


光触媒脱臭装置「フォトキャット」
昭和エンジニアリング(株)