トップページ>ニュースリリース>2002>クロロプレンゴム事業の合弁解消について

ニュースリリース

クロロプレンゴム事業の合弁解消について

2002年10月10日
デュポン ダウ エラストマー
昭和電工株式会社

米国のデュポン ダウ エラストマー社(デラウェア州・T.G.クラッペルズ社長:以下デュポン ダウ)と昭和電工株式会社(東京都港区・大橋光夫社長:以下SDK)は、日本におけるクロロプレンゴム(商品名:ネオプレン)事業の合弁解消に合意いたしましたのでお知らせいたします。

現在両社は、合成ゴム「ネオプレン」の製造会社である昭和ディー・ディー・イー製造株式会社(神奈川県川崎市・追川滋社長:以下SDEM、出資比率 デュポン ダウ 50%、SDK50%)と、「ネオプレン」をはじめとするエラストマー(常温付近でゴム弾性を示す高分子物質)製品の販売会社であるディー ディー イー ジャパン株式会社(東京都品川区・中井千春社長:以下ディー ディー イー ジャパン、出資比率 デュポン ダウ 69.9%、SDK 30.1%)に各々出資し、合弁事業を運営しております。
両社の合弁事業は、1960年(昭和35年)のSDKと米国のデュポン社(当時)との折半出資による昭和ネオプレン(株)の設立に始まり、以来40年にわたり「ネオプレン」をはじめとするエラストマー事業を展開してまいりました。
今後はそれぞれ独自の経営方針に基づきエラストマー事業の運営を行うことで両社の考えが一致し、円満裏に合弁解消の合意に至りました。これにより、SDEMはSDKの100%子会社に、ディー ディー イー ジャパンはデュポン ダウの100%子会社となります。

合弁解消後、ディー ディー イー ジャパンはエラストマー製品の販売会社として存続します。また、デュポン ダウは今後とも、世界的にネオプレン事業を継続します。
SDKは単独でクロロプレンゴム事業を継承し、「ショウプレン」という新たな商品名で国内外で営業を行い、エラストマー事業の拡充を図ってまいります。SDEMは「昭和電工エラストマー株式会社」と社名変更し、「ショウプレン」の生産を継続します。
なお、合弁解消および新体制の発足日は2002年11月1日です。

以上