トップページ>ニュースリリース>2002>エラストマー事業の積極展開について

ニュースリリース

エラストマー事業の積極展開について

2002年10月10日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、本年11月1日にクロロプレンゴム事業「商品名:ショウプレン」を継承することを機に、当社のエラスレンをはじめとする機能性高分子事業とショウプレン事業を集約し、成長戦略事業としてエラストマー(常温付近でゴム弾性を示す高分子物質)事業の拡大・強化を図ります。

当社の機能性高分子事業は、ナイロン樹脂事業をスイスのEMS CHEM IE社との合弁で進めている他、独自事業として塩素化ポリエチレン(エラスレン)、ゲルポリマー、機能性微粉マスターバッチ等の事業を展開してまいりました。  今後は、当社グループが保有する有機、無機技術との融合による材料開発技術あるいは表面改質技術を活用し、マーケットニーズにマッチした個性的なエラストマー事業として総合的な展開を図り、3年後に年間100億円の売上高を目指してまいります。

1.ショウプレン事業について

従来の工業材料向け販売を強化しつつ、ラテックス分野等にも注力いたします。R&D体制の強化を図り、顧客との共同開発を含め、新規用途開発やグレード開発に注力いたします。

2.エラスレン事業について

硬質塩ビ樹脂の改質、難燃性ABSの改質等の汎用用途以外に、優れた電気絶縁性、高いフィラーローディング性等の特質を生かし、高機能材料用途への開発を積極的に進めてまいります。

3.機能性コンパウンド事業について

当社グループが持つ、無機材料技術・無機フィラー、有機材料技術・有機表面処理技術等を複合し、光触媒マスターバッチ、紫外線吸収マスターバッチ、導電性マスターバッチ、電波シールドコンパウンド等機能性コンパウンド事業も進めてまいります。

4.新規開発製品について 

昨年上市した微ハロゲン難燃エラストマー「エコフレイマー」は、着実に実績を伸ばしております。耐候性および色相に優れる新塩素系ゴムの本格販売も年内には開始する予定であります。さらに現在開発中の、環境にやさしい無可塑エラストマーあるいはフッ素系ゴム等の上市を目指しております。

以上