トップページ>ニュースリリース>2002>ハードディスク事業の譲渡・譲受について

ニュースリリース

ハードディスク事業の譲渡・譲受について

2002年10月15日
昭和電工株式会社
三菱化学株式会社

昭和電工株式会社(東京都港区、大橋光夫社長)と三菱化学株式会社(東京都千代田区、 冨澤龍一社長)とは、三菱化学グループのハードディスク(以下HD)事業を昭和電工グループに譲渡することについて、本日次の通り基本合意いたしましたのでお知らせいたします。

  • 1.三菱化学の100%子会社である三菱化学インフォニクス(シンガポール、城阪欣幸社長:以下MCI)が行っているHD事業、並びに三菱化学が所有する当該事業に関連する生産・研究設備の全て、および知的財産の一部を昭和電工グループに2003年1月1日を目処に譲渡する。
  • 2.昭和電工は、譲り受けに関連してシンガポールに新会社(社名:昭和電工HDシンガポール<仮称>、以下SHS)を設立し、SHSはHD事業を譲り受ける。これに伴い、MCIにてHD事業に従事している従業員はSHSに引き継ぐ。

今回の基本合意は、需要の増大に対応した生産能力確保を狙う昭和電工のHD事業戦略と、経営資源の選択と集中を強化する三菱化学の経営方針が合致したものです。

昭和電工のHD事業はSHSと昭和電工エイチ・ディー(株)(千葉県市原市、佐々木保正社長:以下SHD)、およびマレーシア、小山(栃木県小山市) の*MD事業と合わせて4拠点体制となり、HDの生産能力は月産530万枚(SHD:320万枚、SHS:210万枚)となります。昭和電工グループは技術・生産能力を含めた総合力において、事実上世界No.1のHD外販メーカーとなります。
SHSは初年度(2003年)に年間120億円の売上を計画しております。これにより、昭和電工のHD事業(含むMD)は、2003年に年間450億円の売上高を見込みます。

三菱化学は、引き続きMCIを情報電子関連事業の重要拠点として位置付け、光ディスク事業並びに有機感光体(OPC)事業を推進してまいります。

なお、両社は今後も事業移行が円滑に行われるよう協力してまいります。

*MD事業:アルミ製HD用の基板事業

トップメッセージ

HD事業を取り巻く環境は、世界的規模で再編が進み、今や変革から整理・統合の段階を迎えております。かかる状況下、本計画が基本合意に至ったことは、誠に意義深く時宜を得たものであると考えております。
これにより当社は、製品の安定供給の確保と併せ技術開発力の向上により、HD事業を一段と強化することが可能となりました。
また、三菱化学の優秀な技術者を受け入れることで技術融合を深め、より優れたHD製品を開発・提供し、カスタマーのご要望に応えてまいります。
当社は、来年から始まる新中計「プロジェクト・スプラウト」の事業ポートフォリオで、HD・MD事業を再構築事業としておりますが、今回、需要増を見据え、単独投資ではなく事業買収という積極的な形でHD事業の構造改革と競争力強化を図ることといたしました。

昭和電工株式会社
社長 大橋 光夫 

ご参考
昭和電工HDシンガポール(SHS)の概要 (設立予定)

社名 Showa Denko HD Singapore Pte.Ltd.
所在地 シンガポール
代表者 佐々木保正(SHD社長兼任)
資本金 約10億円
従業員数 約350名
生産能力 210万枚/月

以上