トップページ>ニュースリリース>2002>使用済みプラスチックのアンモニア原料化事業計画について … 回収プラスチックのガス化によるケミカルリサイクルを実現 …

ニュースリリース

使用済みプラスチックのアンモニア原料化事業計画について … 回収プラスチックのガス化によるケミカルリサイクルを実現 …

2002年10月24日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、この度、川崎事業所(川崎市川崎区、西本教幸所長)にて、使用済みプラスチック(以下、回収プラ)をアンモニア等の化学品原料として使用するケミカルリサイクル事業を開始することを決定し、プラント建設を本格的に開始いたしましたので、お知らせいたします。

本事業計画は、川崎市が推進する「川崎エコタウン構想」の基本方針に沿ったもので、一般廃棄物系の容器包装リサイクル法に基づいた「プラスチック製容器包装」をはじめ、川崎市内及び周辺企業等から排出される産業廃棄物系プラスチックを、化学品原料として完全リサイクルする循環型社会形成への貢献を目指す計画です。具体的には、1日当たり195トンの回収プラから、廃棄物を出さずに175トンの液化アンモニアをはじめとする化学品を製造いたします。

なお、設備投資額は74億円で、その内リサイクル産業施設整備費には、経済産業省の環境調和型地域振興施設整備費補助事業として、国庫及び川崎市より37億37百万円の補助金が予定されています。
また、設備の完工は2003年3月、稼動は同年4月を予定しております。

本事業計画の特長は以下の通りです。

  • 回収プラをガス化設備にて1300℃以上の高温でガス化処理するため、回収プラに混入している塩化ビニルを分別する必要がない。
  • ガス化処理されたガス中の塩素はアルカリで中和し、ソーダ電解原料として場内でリサイクルする。
  • 硫黄は重亜硫酸ソーダ原料として場内でリサイクルする。
  • 不純物である金属類は還元状態で回収され、有価物として販売する。
  • 精製されたガスは、アンモニア合成の原料とする。
    本事業計画の概要は以下の通りです。

1.事業者の名称および住所

昭和電工株式会社 住所: 東京都港区芝大門一丁目13番9号
代表者:代表取締役社長  大橋 光夫

2.事業の名称

事業の名称  使用済みプラスチックのガス化によるアンモニア合成ガス製造事業

3.事業を実施する区域

位 置   神奈川県川崎市川崎区扇町5-1 昭和電工川崎事業所内
区域面積 *)前処理設備:約6,500m2
ガス化設備:約7,400m2
*)搬入された回収プラから金属類を除去し、ガス化設備の原料となるよう破砕・成形を行なう設備

4.事業規模

設備投資金額  74億円

事業のスケジュール(予定)

  • 設備完成  2003年 3月
  • 操業開始  2003年 4月

当社グループはRC(レスポンシブル・ケア)活動を積極的に展開しており、環境保全はもとより原料転換、省エネルギー、廃棄物の原料・再資源化、化学物質の排出量削減等を推進し、地球環境に対する負荷の低減に努めております。
今般、約半量のアンモニア原料を従来のナフサやコークス炉ガス、石油系オフガスからリサイクル品に変更することにより、環境に対する負荷の低減を実現いたします。

以上

(ご参考)

昭和電工(株)アンモニア事業の概要

昭和電工(株)は、川崎事業所で展開するアンモニア事業を、化学品事業部門の基盤事業として位置づけ、ナフサを始め、川崎の立地を生かしてコークス炉ガス、石油精製オフガスなど原料の多様化を図るとともに、物流体制の整備により競争力強化を推進してきた。
現在、当社川崎事業所は東日本唯一のアンモニア生産・供給拠点であり、生産能力は年産19万7千トンである。この内、自家消費分を除く約9万トンを大小様々な荷姿で外販しており、その販売シェアは業界第一位を占めている。