トップページ>ニュースリリース>2002>CVGベナルム社とのアルミニウム地金契約最終合意について

ニュースリリース

CVGベナルム社とのアルミニウム地金契約最終合意について

2002年11月13日

CVGベナルム社(ベネズエラ、レニン・ベルエタ社長:以下ベナルム)の日本株主バイヤー5社[ 昭和電工(株)、(株)神戸製鋼所、住友化学工業(株)、三菱マテリアル(株)、三菱アルミニウム(株) ]はベナルムとの間で、今般、「アルミニウム地金売買契約の更新」に関して最終合意に達しました。これにより、本年4月より中断されておりましたベナルムから日本向けのアルミニウム地金出荷は、本年12月に再開されることとなりましたのでお知らせいたします。

更新される契約の有効期間は、2002年11月より2006年3月であり、その期間内に合計360千トン(年間90千トンの4年間相当量)がベナルムより日本に出荷されることとなります。

今回の契約更新交渉は本年2月より数度にわたり行われましたが、双方の主張に隔たりが大きく、難航しておりました。
10月31日、ベナルムのベネズエラ側株主であるガイアナ開発公団(CVG)のフランシスコ・ランヘル・ゴメス総裁と、日本側株主交渉団を代表して昭和電工(株)専務取締役古澤 昭 アルミニウム事業部門長との間で行われた会談において、日本向けアルミニウム地金出荷が中断している現状を早期に解決すべきとの考えで一致いたしました。

さらにこの会談では、双方より歩み寄りの提案が示されました。ベネズエラ側の提案は「株主バイヤー」である日本側5社の立場を考慮した内容であることを評価し、日本側交渉団は契約更新の基本条件に合意いたしました。
この基本合意に基づき、翌週(11月4日以降)実務レベルで詳細条件について詰めの協議を行い、「アルミニウム地金売買契約の更新」の最終合意がなされました。