トップページ>ニュースリリース>2002>アルミニウム・エクステリア製品子会社2社を統合

ニュースリリース

アルミニウム・エクステリア製品子会社2社を統合

2002年12月19日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、アルミニウム・エクステリア製品の連結子会社2社を2003年5月を目途に統合(合併)し、従来より当社グループが押出品のダウンストリーム事業として展開してきた、エクステリア事業を集約することを決定いたしました。

統合する2社は以下の通りで、いずれも当社のアルミニウム押出品等を使用し、異なる市場分野でエクステリア事業を展開しております。

  • 昭和アルミビューテック(株)(大阪府堺市、寺島克彦社長)
    事業内容:旗・照明ポール、道路用防音壁、シェルター等 環境エクステリア製品の製造販売
  • 昭和アルミエクステリア(株)(埼玉県さいたま市、岸晃八社長)
    事業内容:サンルーム、カーポート、温室等 住宅エクステリア製品の製造販売

今回の統合により、それぞれが異なる市場で培ってきた技術開発力、市場開発力、市場対応型の営業力等を融合し、事業の拡大・強化を図ります。現在注力している新製品は、ソーラー照明、ソーラー発電架台、一般家庭向けアルミ製竹垣等であり、変化の激しい市場ニーズに機敏に対応し、今後も個性的な新製品を次々にマーケットに投入することに重点を置きます。
併せて、販売拠点や管理部門の統合、最適生産・物流体制の確立等による合理化効果により、収益性と経営効率の向上を図ります。

1.合併内容

合併期日 2003年5月1日(予定)
新会社名 昭和アルミビューテック株式会社 (存続会社)
代表者 未定
資本金 未定
売上高見込み 年間約70億円

2.2社の概要

昭和アルミビューテック(株) 昭和アルミエクステリア(株)
設立 1963年9月 1999年9月
資本金 227百万円 300百万円
株主構成 昭和電工(株) 93.9%、その他 6.1% 昭和電工(株) 100%
売上高 約40億円(2002年度見込み) 約30億円(2002年度見込み)
従業員数 112名 48名

以上