トップページ>ニュースリリース>2003>アルミニウム機能材料の中国生産について

ニュースリリース

アルミニウム機能材料の中国生産について

2003年2月6日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、OA機器部品用*ED管の生産を、2004年より中国の大連市で開始いたします。
現在当社は、小山事業所(栃木県小山市)、彦根事業所(滋賀県彦根市)および米国の子会社で本製品を生産しておりますが、市場のカラー化等により今後も成長が期待できること、および中国向けの出荷が増加することが予想されるため、現地で生産を開始することを決定いたしました。
当社は、2003年2月に大連市内に新会社を設立し、生産設備等の建設を開始いたします。新会社の概要は以下の予定です。

1.社名 昭和電工(大連)有限公司
2.資本金 10億円 (昭和電工(株) 100%出資)
3.場所 中国遼寧省大連市 大連経済技術開発区内
4.生産能力 ED管 月産250万本
5.従業員数 約200名 (当社から総経理を含め3名を派遣)
6.稼動開始 2004年1月
7.設備投資 約20億円

当社は、2003年を初年度とする中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、高機能アルミニウム部材事業を成長戦略事業と位置付け、ディスプレー材料、軽量化部品、プリンター部品等で顧客の望む機能を有する個性的な製品を提供してまいります。
*ED管:当社独自の押出・引抜きプロセスによる高精度アルミニウム管の商品名

以上