トップページ>ニュースリリース>2003>知的財産権の世界的ライセンス供与活動について

ニュースリリース

知的財産権の世界的ライセンス供与活動について

2003年4月3日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、他社にとって魅力ある質の高い特許権等の知的財産を選定し、日本国内に限らず世界的にライセンスする活動を本格的に開始いたしました。

この度当社は、海外における特許等のライセンス供与拡大を目的に、知的財産運用およびライセンス交渉の専門会社であるQED Intellectual Property Limited社(英国、Mr. Phillip B. Stern CEO:以下QED社) との間で、外国特許権(出願中の案件も含む)のライセンス業務委託契約を締結いたしました。
当社が今回QED社にライセンス業務委託を行った特許は、以下4技術分野です。

  • 1. 吸水性ポリマー (Poly N-vinylacetamide:以下PNVA)関連技術(種々の液体を吸液する高性能ポリマーとしての用途およびPNVA製造用モノマーの権利を含む)
  • 2.耐汚染性硬化被膜材料 (Polyorganosiloxane)
  • 3.反芻動物用飼料粒剤 (Feed additives)
  • 4.農薬原料 (Phosphonic acid derivatives)

いずれも当社の独自技術ですが、とりわけPNVAにつきましては、モノマーからポリマーまでの製造技術、用途技術等に関する100件を超える特許群を所有しております。

一方、日本で成立している特許権に関し、当社は本年1月より第一次分として193件の有償開放特許情報をホームページに掲載しております。(http://www.info.sdk.co.jp/patents/top_j.htm)   この情報は、特許庁のホームページ上の独立行政法人 工業所有権総合情報館の「開放特許の活用」、「特許流通データーベース」と近日中にリンク予定です。

当社は、2003年を初年度とする新中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」で、無機化学・アルミニウムと有機化学との『技術シナジーの追求』を基本コンセプトに掲げ、個性派化学の確立を目指しております。この中で、研究開発に対する投資効率をより高めることは最重要課題の一つであると考えており、知的財産の創造、取得、権利活用という知的創造サイクルにおいてこれまでに蓄積してきた技術資産について、特許権を含めた技術供与をその活動の一環と位置付けております。そして、この活動を第二次、第三次と幅広く権利活用市場に広げていく所存です。

当社は、知的財産権を優位な事業推進に活用するとともに積極的かつ効果的にライセンス活動を行い、当社グループの特長・強みを活かした個性派(差別化・高付加価値化)戦略により企業価値増大を図って参ります。

以上