トップページ>ニュースリリース>2003>酢酸エチル生産の合弁会社設立について

ニュースリリース

酢酸エチル生産の合弁会社設立について

2003年4月17日
昭和電工株式会社
協和発酵工業株式会社

昭和電工株式会社(本社:東京都港区、社長:大橋 光夫、以下「昭和電工」)と協和発酵工業株式会社(本社:東京都千代田区、社長:平田 正、以下「協和発酵」)は、関係官庁のご了解をいただくことを前提として、酢酸エチルの生産を目的とする合弁会社(以下「新会社」)を2003年8月を目処に設立することに合意いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。新会社は、2004年4月より営業運転を開始する予定です。
なお、新会社は酢酸エチルの生産活動のみを営むもので、販売活動は従来通り両社が独自に行います。

1.新会社設立の背景

酢酸エチルは、印刷や塗料等の作業環境を改善する溶剤として近年需要が増加しており、今後とも特にトルエン、キシレンなどの芳香族溶剤の代替品として、日本を含むアジア地区の需要増が見込まれている製品です。

今回の合意は、今後の需要伸長を勘案し、大分コンビナート内での酢酸エチルの生産を数年来模索してきた昭和電工と、化学品事業の構造改革を推進し、生産能力増強と収益性の改善を目指す協和発酵の事業戦略が合致したものです。

また、今回の計画は、2001年夏に休止した昭和電工大分コンビナート内の(アセトアルデヒド法)酢酸生産設備を酢酸エチル生産設備に転用することで設備投資額を圧縮し、年産10万トンという世界的な規模の生産設備を共有することによって、高い競争力を有する製品の生産を実現する、「酢酸エチル事業強化策」です。

2.新会社の概要

会社名 日本酢酸エチル株式会社(仮称)
本社所在地 大分県大分市大字中の洲2 (昭和電工 大分コンビナート内)
設立予定日 2003年8月(予定)
営業運転開始日 2004年4月(予定)
資本金 4億円
出資比率 昭和電工 55% 協和発酵 45%
役員構成 取締役 昭和電工 3名 協和発酵 2名
事業内容 酢酸エチルの生産
設備能力 年産10万トン

3.両社の事業戦略

昭和電工は、酢酸エチルを有機化学品事業の基幹製品の一つと位置づけており、現在、徳山事業所(年産15万トン)と昭和エステリンド・インドネシア社(年産5万トン)で合計20万トンの生産能力(アジア地区第1位、世界第2位)を有しております。
今回の合意により、大分コンビナートにおいてエチレン~アセトアルデヒド~酢酸エチルの一貫生産体制を整えることで、生産能力および競争力増強を図ります。

昭和電工は、2003年度を初年度とする中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、「石油化学事業」を再構築事業と位置づけておりますが、本件のようなアライアンスやエチレンプラントの効率化によるコストダウン、有機化学品の競争力強化等を果敢に実施し、更なる収益力強化を進めてまいります。

協和発酵は、事業ポートフォリオの考え方のもと、化学品事業の構造改革を積極的に進め、事業の収益性改善に鋭意取り組んでおりますが、とりわけ酢酸エチルは、環境に優しい溶剤として今後とも需要増が期待できる製品の一つとして位置づけております。
今般の合弁会社設立により、本製品の安定供給体制ならびにコスト競争力が一層強化されることとなり、協和発酵の溶剤事業が更に発展を遂げるものと確信しております。

協和発酵は、今後ともライフサイエンスをベースとした医薬事業などの中核事業の強化、拡大を図ることは勿論のこと、化学品事業の構造改革を進めることにより、「協和発酵グループ」全体としての企業価値の増大に邁進する所存です。

以上