トップページ>ニュースリリース>2003>10年保証・アルミ継ぎ目なし雨樋の全国販売開始

ニュースリリース

10年保証・アルミ継ぎ目なし雨樋の全国販売開始

2003年9月24日
昭和電工株式会社
昭光通商株式会社

昭和電工株式会社(東京都港区:大橋光夫社長)とグループの中核商社である昭光通商株式会社(東京都港区:松原博社長)は、この度、日本の雨樋で初めて10年間の*住宅瑕疵保証責任保険(雨樋機能を保証する保険)をつけたオールアルミニウム製継ぎ目なし雨樋(アルミニウム・シームレス雨樋)の全国販売を開始することとなりましたのでご案内します。

1.製品開発経緯

米国の雨樋市場では100%近くがアルミニウム製ですが、日本では価格が高いというイメージから、耐久性の高いアルミニウム製雨樋は普及しておりません。しかし、現在主に利用されている塩化ビニル製雨樋は、太陽光による劣化や継ぎ目部分からの水漏れ、雨樋自体の強度不足や建物への一体感の不足などの問題がユーザーから指摘されており、一方建設業界内からは、リサイクル出来にくいなどの問題点が指摘されています。
昭光通商株式会社は、1998年よりアルミニウム製雨樋に耐候性や建物と調和した一体感などの長所を伸長させる改良を行なうとともに、価格の低減に努力してまいりました。
今般、全国同一品質の施工体制を整え、全国の住宅デベロッパー、需要家に「アルミニウム・シームレス雨樋」の全国販売を開始いたしました。

2.アルミニウム・シームレス雨樋の特長

  • 施工後10年間保証。(長期間保証)
  • 現場施工により、建物個々に合った施工の実施。
  • 独自のロールフォーミング(曲げ加工)技術により雨樋自体に継ぎ目のない構造。(シームレス)
  • 耐候性、加重強度は従来の雨樋より大幅に向上。
  • 従来品の雨樋は取付け金具が外受けですが、本製品は内吊りで建物との一体感が出る。
  • 耐用年数はアルミサッシと同様長寿命で、メンテナンスフリー。
  • 雨樋縦配管の口径が大きく排水能力が高いため、設備全体の排水配管工事費が削減でき建築コスト全体を削減できる。
  • リサイクル性が高い。
  • 建物と調和する外装色調6色を準備。
  • 大幅な価格改善を行い、塩化ビニル製雨樋の価格に対し1~2割のコスト差。

3.今後の販売目標

  • 2006年に売上高を50億円目指します。( 2万戸への普及 )
  • 施工店舗 200社に拡大。

昭和電工グループは、現在中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」を進行中であり、居住空間の改善に貢献する個性ある製品としてオールアルミニウム・シームレス雨樋の拡販を進めてまいります。
* 住宅瑕疵保証責任保険とは、住宅部品(雨樋)として機能することを保証する保険です。
従来の雨樋では、保証していませんでした。 

 施工写真

シームレス雨樋取り付け写真

シームレス雨樋現場施工写真

お問い合わせ先
昭光通商株式会社 住宅資材グループ 担当 佐々木
電話 03-3459-5151

以上