トップページ>ニュースリリース>2003>西日本地区の汎用アルミニウム板・押出製品営業機能の統合

ニュースリリース

西日本地区の汎用アルミニウム板・押出製品営業機能の統合

2003年11月28日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、名古屋以西の西日本地区の汎用アルミニウム板・押出製品の営業機能を、本年5月に発足した当社100%子会社の、昭和電工アルミ販売株式会社(本社:大阪市阿倍野区、米山正吉社長 以下SDAT)に統合することを決定いたしました。

営業機能統合の概要は以下の通りです。

1.目的

  • 重複する両社営業機能の集約による連結ベースの効率化
  • SDATの営業拠点、販売網をフル活用した需要家密着型営業強化による拡販
  • 板製品の倉庫機能の集約およびユーザーへの即納体制の構築

2.範囲

板  開発製品(PDP用放熱板ST-60等)を除く全営業機能
押出品  グループ会社および特定顧客向け製品を除く全営業機能

3.集約時期、SDATへの出向人員(予定)

板  2004年1月1日
押出品  2004年4月1日  板、押出品を合わせて約10名出向予定

4.統合後のSDAT売上高見込み

年間145億円(2004年計画)
本施策により昭和電工の圧延品および押出品事業部は、マーケッティング機能の強化に重点を移し、SDATはセールス機能に特化いたします。
当社は、押出品製造拠点の集約、昭和電工堺アルミ(株)の設立、関西地区販売代理店の統合(SDATの設立)等汎用アルミ事業の競争力強化策を実行しており、本施策もその一環です。

(昭和電工アルミ販売(株)の概要)

1.本社所在地  大阪市阿倍野区西田辺町1-1-1
2.代表者  米山 正吉
3.資本金  249百万円 (昭和電工(株)100%出資)
4.従業員数  65名
5.売上高  約100億円 (2003年見込み)
6.営業拠点  大阪、福岡、徳島、沖縄

以上