トップページ>ニュースリリース>2003>超高輝度LED市場への参入について

ニュースリリース

超高輝度LED市場への参入について

2003年12月8日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、屋外ディスプレイ、照明、携帯電話、信号機、車載用途に需要が拡大している超高輝度LED市場に向け、秩父事業所(埼玉県秩父市:海老沼彰所長)において自社製法によるフリップチップ型AlInGaP系LEDチップの開発に成功し、市場への参入を行うことを決定致しました。

1.背景

AlInGaP系LEDは、赤色から黄緑色の波長域における高輝度LEDとして使用されております。現在は、屋外ディスプレイ、携帯電話および車載内装用が主な用途ですが、その輝度向上により、照明、信号機、車載外装用等の新たな用途が拡大しています。特に、InGaN系超高輝度LED(青色~緑色)との組み合わせにより、多彩な照明用途が見込まれています。
このような背景の下、AlInGaP系LEDの市場は年率20%程度の拡大が継続することが予想されます。
当社は既に、AlInGaP系LED市場において、特徴ある製品展開を進めております。今後の市場拡大が見込まれる超高輝度分野へのさらなる展開をはかるべく、研究開発に取り組んでいます。

2.概要

今般当社が開発した超高輝度AlInGaP系LEDチップは、基板の透明化と電極構造に工夫を加えたフリップチップ構造を採用することにより、従来の AlInGaP系LEDチップに比し、3倍の輝度向上を達成しました。また、フリップチップ構造では、LEDに組み立てた際にワイヤボンドが不要となることから、パッケージの小型化、薄型化が可能となる利点があります。
今回の開発製品は赤色及び橙色で、その輝度は市場での最高レベルにあります。今後は本格量産への移行を進めると共に、更なる高輝度化と製品品種の拡充に取り組んでまいります。

3. 効果

超高輝度AlInGaP系LEDチップ市場への参入により、2005年には30億円の売り上げを計画しています。
当社の化合物半導体事業は、エピタキシャルウエハーを軸とした展開を行っております。LED向けでは、GaP、AlGaAs系およびAlInGaP系エピタキシャルウエハーおよびチップを供給しています。また、光ファイバー通信InP系エピタキシャルウエハーでは、世界トップレベルのシェアを有し、近年では、DVD及びCD用レーザーダイオード向けエピタキシャルウエハー(AlInGaP系、AlGaAs系)事業を拡大しております。
なお、当社は、現在推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、化合物半導体事業を重要な成長戦略事業と位置付け、積極的に経営資源を投入しております。

以上

(ご参考)
1. 当社の化合物半導体事業

  • (1)LED向け材料 (エピタキシャルウエハー、チップ)
    GaP(ガリウムリン):黄緑
    AlGaAs(アルミニウムガリウムヒソ):赤、赤外
    AlInGaP(アルミニウムインジウムガリウムリン):赤~黄緑
  • (2)光ピックアップ向けエピタキシャルウエハー
    AlInGaP(赤色)… DVD用
    AlGaAs (赤外)… CD用
  • (3)光通信向けInP(インジウムリン):ミラーウエハー、エピタキシャルウエハー
  • (4)移動体通信用半導体向けGaAs(ガリウムヒソ):ミラーウエハー

2. 用語について

  • (1)フリップチップ
    • LEDチップの上面(エピ面)側から両電極を取り、天地をひっくり返した状態で実装するタイプのチップ。従来の下面である基板を透明化することで、全面にわたって光を取出せる。また、エピ面側に適切な反射機構を付加することで、更に光の取出し効率を高めることができる。
    • また、下側となる電極面を金バンプ(ボール)で直接実装できるため、小型化が可能となる。
  • (2)光ピックアップ用レーザーダイオード
    • CD、DVD等に記録された情報を読み取るためのレーザーダイオード。アナログレコードの「針」にあたる部品。
    • CD、DVDとも読み取り専用と読み取り/書き込み併用の光ピックアップがあり、後者にはレーザー出力が高いものが用いられる。
  • (3)ワイヤボンド
    • LEDチップをランプに組み立てる際、チップ電極とリード電極を金線(ワイヤ)で接続すること。