トップページ>ニュースリリース>2004>液晶ディスプレイ用高性能アルミ反射板の開発について

ニュースリリース

液晶ディスプレイ用高性能アルミ反射板の開発について

2004年2月26日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、パソコンのディスプレイや液晶テレビ等向けに需要が拡大中の液晶ディスプレイに使用する「アルミ反射板」の開発に成功し、1月よりサンプル出荷を開始いたしました。

液晶ディスプレイは、液晶ユニットと、それを背面からランプで照らすバックライトおよび反射板で構成されています。昨今のディスプレイの大型化、高精細化、高輝度化に対応したランプ数増加に伴い、反射板には高反射性かつ均一な放熱性を併せ持つ材質が求められています。
当社は既に、純アルミと同等の熱拡散性を持つ優れた高強度アルミ合金「ST60」を販売しており、プラズマディスプレイおよび液晶ディスプレイ用放熱板として、その優れた性能は顧客より高い評価を受けており、需要は拡大しております。

今回、当社が開発した「液晶ディスプレイ用アルミ反射板」は、放熱性に優れた「ST60」に独自開発の白色塗装を施したもので、従来のアルミ合金にPET樹脂製白色フィルムを貼付した製品に比べ、放熱性や耐光性に優れ、95%以上の反射率を発揮いたします。そのため、今後の高輝度化、高視野角化によるバックライトユニット内の高熱化に起因する、ランプ寿命や輝度の低下等の問題に、十分対応できる性能を有しております。また、この白色塗料は紫外線を吸収する特性を持つため、ディスプレイ前面への紫外線放射を低減する効果を有しております。
さらには、塗装方式の採用によりプレス加工後の塗装も可能であり、複雑な形状の反射板や、構造体(シャーシ)と兼用の反射板への応用も期待できます。
本製品は「ST60」の応用製品として本年下期より本格的な販売を開始予定であり、2005年には本製品を含む「ST60」シリーズ全体で17億円の売上げを計画しています。
当社は、現在推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、ディスプレイ用材料を成長戦略事業と位置付け、積極的に経営資源を投入しております。

以上

(ご参考)

液晶テレビ内部構造

反射板 外観