トップページ>ニュースリリース>2004>昭和エンジニアリング㈱排水処理設備のアジア地区事業展開でシンガポール・ダルコ社と提携

ニュースリリース

昭和エンジニアリング㈱排水処理設備のアジア地区事業展開でシンガポール・ダルコ社と提携

2004年3月9日
昭和エンジニアリング株式会社
昭和電工株式会社

昭和電工株式会社(大橋 光夫社長)の主要連結子会社である昭和エンジニアリング株式会社(東京都港区、三谷 進社長:以下SEC)は、シンガポールに本社を置くダルコ・ウォーター・テクノロジー社(Darco Water Technologies Limited 、CEO Mr. Thye Kim Meng:以下ダルコ社)と、SECの独自技術による排水処理設備「ユノックス・システム」のアジア地区での共同販売について、業務提携することに合意しました。

SECは、活性汚泥法排水処理設備の曝気ガスに、高濃度酸素ガスを用いる「ユノックス・システム」を1970年より展開しており、日本国内で120件以上の実績を有しています。
ダルコ社は1999年の設立以降、得意とする膜分離およびイオン交換技術を活用し、シンガポール、マレーシア等東南アジアで100件以上の純水装置や排水処理設備の建設実績を有し、広範な水処理ビジネスを展開しています。

本提携に基づき、SECはダルコ社に対して「ユノックス・システム」に関する必要な技術供与、指導を行ないながら、共同で東南アジア諸国、台湾および中国において「ユノックス・システム」の販売を促進し、設計・製作、建設および維持管理の遂行にあたります。
今回の提携は、ダルコ社が有する固有技術およびアジア地区のネットワークを活用し、「ユノックス・システム」による排水処理技術のアジア地区展開を目指すSECと、新たな技術導入により、より多くの排水処理ビジネス獲得を目指すダルコ社の事業戦略が一致したものです。
今回の提携により、両社は2010年までに15件以上の水処理関連プロジェクトの受注を目指しております。

以上

(ご参考)

1.ユノックス・システムについて

微生物を活用する排水処理方法の「活性汚泥処理方式」に分類され、曝気ガスに高濃度酸素ガスを利用することから、通常、酸素活性汚泥法(ユノックス・システム)といわれる。
空気中の酸素による一般の処理方式では、ブロワ等を用いて空気を曝気ガスとして処理設備に供給するが、ユノックス・システムは空気の代わりに高濃度酸素ガス(通常90%酸素濃度)をもちいることで、一般方式に比べ、設置面積の縮小、負荷変動に対する処理の安定、排ガス量・臭気の大幅削減、運転・維持管理の容易性等、多くの利点を有する。国内では、下水処理および産業排水処理(紙パルプ工場、化学工場、食品工場等)向けで120件以上の実績を持つ。
これらの豊富な実績および経験により、ユノックス・システムは発展途上のアジア地区での環境対策ニーズに十分適合することができる。

2.昭和エンジニアリング(株)の概要

所在地 東京都港区芝浦三丁目17番12号
代表者 代表取締役 三谷 進
設立 1964年4月
資本金 4億70百万円
株主 昭和電工(株)100%出資
売上高 262億円 (2004年3月期見込)
事業内容 環境設備および各種プラントの設計・製作、機器設備保全
従業員数 350人

3.ダルコ・ウォーター・テクノロジー社の概要

所在地 41 Loyang Drive Singapore 508952
代表者 Thye Kim Meng(CEO)
設立 1999年10月
資本金 7,448KS$(シンガポールドル)
株式 シンガポール取引所SESDAQ上場
売上高 34,123KS$(2003年連結ベース、シンガポールドル)
事業内容 水処理設備の設計・製作、建設および維持管理
従業員数 228人

以上