トップページ>ニュースリリース>2004>アルミ大型押出製品生産委託計画の中止について

ニュースリリース

アルミ大型押出製品生産委託計画の中止について

2004年4月16日

昭和電工株式会社(大橋 光夫社長)は、2003年3月に稼動を休止した堺事業所(大阪府堺市)のアルミ大型押出機につきまして、安田金属工業株式会社(本社 大阪府中央区、安田 耕社長)との間で、生産受委託開始の準備を進めてまいりましたが、今般、同社より受託中止の申し入れがあったため、計画を白紙に戻すことに合意いたしました。

その理由は、当社堺事業所における将来の拡張余地を確保するため、建屋賃貸借契約期間を3年といたしましたが、安田金属工業株式会社としては、設備の再稼動に伴って発生する費用を、同期間内に回収することが困難であると判断されたことによります。
アルミ大型押出製品の需給逼迫を受け、納期の短縮につながる当該設備の再稼動に期待をしておりましたが、当社としても上記申し入れを受け入れざるを得ないと判断いたしました。
なお、当社と安田金属工業株式会社は、今後とも友好関係を継続することに合意しております。

当社は、小山事業所(栃木県小山市)の大型アルミ押出機への人員強化によって、フル稼働体制を確立するとともに、安田金属工業株式会社に生産委託を予定していた製品の、彦根事業所(滋賀県彦根市)3,250トン押出機への生産移管を進めることにより、大型押出製品について約10%の増産を図ります。
当社は、これらの施策を通じて、引き続き逼迫する需給の緩和に努めてまいります。

以上