トップページ>ニュースリリース>2004>工業ガス販売統合会社設立について

ニュースリリース

工業ガス販売統合会社設立について

2004年4月22日
東京ガスケミカル株式会社
昭和電工株式会社

東京ガス株式会社の連結子会社 東京ガスケミカル株式会社(東京都新宿区、植村 家顯社長、以下TGC)と昭和電工株式会社(東京都港区、大橋 光夫社長、以下SDK)は、酸素・窒素(セパレートガス)、および水素ガス等を中心とした工業ガスの販売を統合する新会社「TG昭和株式会社」(以下 新会社)の設立と、本年7月から営業を開始する旨合意し、本日、合弁契約書を締結いたしました。  新会社は関東地区において、セパレートガスで第2位、水素ガスで第1位の販売シェアーを有することとなります。

工業ガスは幅広い産業分野で使用されており、今後も堅調な需要が期待できる事業です。TGCとSDKは、共に関東地区を中心に工業ガス事業を展開しており、今回の統合により営業活動や物流の効率化を行い、競争力の向上と収益力の強化によって事業価値の向上を図ります。

統合による効果は、以下が挙げられます。

セパレートガス事業

TGCとSDKは既に共同で、セパレートガスの生産を目的とした東京液化酸素株式会社(横浜市磯子区、生産能力20千m3/Hr)、東京酸素窒素株式会社(千葉県袖ヶ浦市、生産能力35千m3/Hr)を運営しております。この2社は、首都圏の中でも最大需要地である京浜・京葉地区において、東京ガス株式会社のLNG冷熱を利用することによって、極めてエネルギー効率が高くかつ大規模な生産を行っております。
新会社は上記2社のいずれからも、実質的に過半を超える製品量を引取る権利を有していることから、コスト競争力と顧客に対する安定供給体制が一層強化されることとなります。

水素ガス事業

関東地区における水素事業トップシェアーのSDKと、LNG改質による水素ガスオンサイト供給技術を有するTGCの販売統合により、今後、特に燃料電池等の水素エネルギー分野への取り組みにおいて、良好な補完関係の構築が可能となります。

新会社は、関東地区に3支社(東京、横浜、宇都宮)、西日本に1支社(名古屋)を設け、顧客ニーズに合わせたきめ細かな営業活動と製品の安定供給体制を確立することにより、顧客満足度を高めるためのさまざまな営業施策を行っていく方針です。
なお、新会社は、2005年度に190億円の売上高を計画しております。

新会社の概要

社名 TG昭和株式会社
営業開始日 2004年7月1日(予定)
本社 東京都内(予定)
資本金 4億円
出資比率 TGC 50%、SDK 50%
代表者 植村 家顯 (東京ガスケミカル株式会社代表取締役社長)
役員数 6名(両社から3名ずつ、社長はTGCが選任)
従業員数 約80名(予定)
営業拠点 (予定)
東京支社 東京都内
西関東支社 横浜市  (営業所:甲府、静岡)
北関東支社 宇都宮市 (営業所:郡山)
西日本支社 名古屋市 (営業所:名古屋、大阪、富山、大分)

以上

(ご参考)

東京ガスケミカル株式会社の概要

設立 1973年10月
本社 東京都新宿区西新宿3-7-1
資本金 10億円
出資比率 東京ガス(株)  82.3%
ティージー・エンタープライズ(株) 17.7%
代表者 代表取締役社長 植村 家顯
事業内容 工業ガス販売、化成品販売、各種機器・工事・エンジニアリング等
売上規模 203億円 (2003年3月期)
従業員数 146名  (2003年3月末)