トップページ>ニュースリリース>2004>ハードディスクに関する共同研究開発契約の締結について

ニュースリリース

ハードディスクに関する共同研究開発契約の締結について

2004年4月23日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長 以下SDK)は、シンガポール科学技術研究庁所属の*データ ストレージ インスティチュート(以下DSI)との間で、次世代ハードディスクの共同研究開発について、基本契約を締結いたしました。今後3年間にわたり、DSIとSDKとの間でこの契約に基づく共同研究プロジェクトが実施されることになります。

SDKおよびその子会社である昭和電工HDシンガポール(以下SHDS)は、今後、3年から5年の間に新たに必要とされるハードディスクの技術開発に関して、DSIと共同研究を行います。この共同研究を通じて、今後SHDSの事業を支える研究者や技術者の養成も併せて行います。

DSIは、シンガポールにおける成長産業であるハードディスク事業を育成していくため、1998年にハードディスクの研究開発プログラムを開始しております。特に、長手(水平磁気)方式と垂直磁気方式のハードディスクに使用される、次世代の磁気薄膜技術の開発が行われております。DSIとSDKは、従来より工程の改善に関して協力関係を構築しておりますが、今回の契約締結により、相互に利益のある高付加価値品の開発についても協力していくこととなりました。

SDKは現在、月830万枚の供給能力を持ち、ハードディスク外販メーカーとしては世界最大の生産規模となっております。さらに、ガラス製、アルミ製のハードディスクを商業生産している唯一の独立系のサプライヤーです。SHDSにおいても、パソコン、HDD付きDVD、カーナビゲーション、MP3プレーヤー等の増大する需要に対応するため、月産100万枚の能力増強を昨年末に完了し、既に月産310万枚のフル稼働を行っており、3.0、3.5インチ各サイズのアルミ製、2.5インチサイズのガラス製のハードディスクを生産しております。

今後、次世代のハードディスクメディアに関してDSIと密接に協力しながら、その研究開発と生産技術の開発を進めて参ります。

*データ ストレージ インスティチュート
シンガポール科学技術研究庁所属の国立研究機関であり、そのデータストレージ(データ蓄積)に関する研究レベルは世界のトップ水準にランクされています。多くの企業との共同研究の実績を持ち、また、産業界への人材供給にも大きな役割を果たしています。研究の範囲は磁気・光・ネットワーク等、次世代のデータストレージ技術に集中しています。

以上