トップページ>ニュースリリース>2004>新規イソシアネ-トモノマーの開発について

ニュースリリース

新規イソシアネ-トモノマーの開発について

2004年5月20日

昭和電工株式会社(社長:大橋光夫)は、電子材料や印刷等の分野で広く用いられている *1イソシアネ-トモノマー製品において、従来に比較し高い*2光硬化性を発揮する新グレード(商品名:カレンズ®AOI)の開発と、工業生産が可能となる独自製法の開発に世界で初めて成功し、このたびサンプル出荷を開始いたしました。

イソシアネートモノマーは、主に他のポリマーに添加・反応させることにより光硬化等の機能性を付与する用途に使用されております。これまで、当社の同事業は、商品名「カレンズMOI®」を中心に展開しておりました。同製品は、汎用アクリレートと比較し種々の機能性化合物と容易に結合し、紫外・可視光や電子線による*3UV・EB硬化性を簡単に付与できる特性を持つことから、ディスプレーや半導体を中心とする電子材料分野(液体*4レジスト、フィルムレジスト、粘・接着剤等)、印刷版やカラー校正等の印刷分野等に幅広く使用されております。

今回開発に成功した新イソシアネートモノマー「カレンズ®AOI」は、分子構造中にアクリル基とイソシアネート基の2つの官能基を併せ持つユニークな素材です。既存の「カレンズMOI®」のメタクリル基をアクリル基に変更したことにより、硬化速度は「カレンズMOI®」に比較し3倍以上となっております。また、汎用のアクリレートに比較しても2倍以上の硬化速度を達成しており、「カレンズMOI®」の持つ種々の機能性化合物と容易に結合するという性質を維持しつつ、従来にない高い光硬化性を実現した素材です。  この「カレンズ®AOI」は物質としては確認されていたものの、従来、工業生産は困難とされていました。

光硬化技術は、ディスプレー材料等の微細加工分野において必要不可欠な技術となっております。「カレンズ®AOI」は硬化速度を早めることから、ディスプレー材料等の製造メーカーの生産性向上に寄与し、顧客のトータルでのコストダウンに大きく貢献することが期待されます。
 また、これまでにない優れた硬化速度を持つ製品であることから、「カレンズMOI®」や汎用アクリレートでは使用が難しかった新たな用途に向けての展開も期待されます。
当社は現在推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、成長戦略事業の強化を進めております。その一環として、イソシアネートモノマー事業に関しても、既存の「カレンズMOI®」及び本「カレンズ®AOI」を皮切りに、更なる新製品開発によるラインナップ化を推進し、2009年には当事業で20億円の売上げを目指して参ります。

以上

(用語解説)

*1 イソシアネートモノマー
 反応性が非常に高く、種々の物質と簡単に反応するイソシアネートと、重合性を持つアクリル基等を同一分子内に有するモノマー。
*2 光硬化性
 イソシアネートモノマー等を添加した樹脂が可視光、紫外光等により硬化する性質。
*3 UV・EB硬化
 UVは紫外線及び可視光、EBは電子線のこと。可視光、紫外線、電子線の順に光の波長が短く、微細な硬化ができる。 *4 レジスト
 エッチング、はんだ付け、メッキ等の工程でそれぞれのプロセス液に耐性を有し、パターン形成に利用、回路を保護する材料。

(参考資料)

・「カレンズ®AOI」の特徴 ( PDF 21KB )

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader (無償配付)」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社のサイトで入手することが可能です。
※Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。