トップページ>ニュースリリース>2004>「B・A・Rホンダ」とアルミ製ラジエーター供給の契約を締結 ・・・ F1「B・A・R」のチームサプライヤーとして認定 ・・・

ニュースリリース

「B・A・Rホンダ」とアルミ製ラジエーター供給の契約を締結 ・・・ F1「B・A・R」のチームサプライヤーとして認定 ・・・

2004年6月7日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、F1(フォーミュラ・ワン)の「B・A・R」チームに、アルミ製ラジエーターを供給する契約を締結いたしました。4月25日の第4戦サンマリノグランプリより、当社製ラジエーターが実戦に投入されております。
「B・A・R 」チームは、サンマリノグランプリ及び先日23日に行われたモナコグランプリにおいていずれも2位に入賞いたしました。

当社は、従来より本田技研工業株式会社と共同で量産車用ラジエーターを開発し、供給を行っておりましたが、その技術実績を基に、2001年よりモータースポーツの最高峰であるF1向けに当社のアルミ製ラジエーターを供給するための検討を行ってまいりました。
極限状況下での使用条件に耐え得る製品を本田技研工業株式会社と共同で開発した結果、2002年に、従来品に比較し飛躍的に軽量化したアルミ製ラジエーターの開発に成功しました。そして昨年1年間にわたる耐久性評価を経て、今回「B・A・R」チームへのラジエーター供給が正式に決定したものです。

当社は自動車用熱交換器用部品を初めとするアルミ加工製品事業を成長戦略事業と位置づけ、現在、更なる強化策を推進しております。F1の世界においても認められた技術力により、今後も、お客様の期待に応える製品を提供して参ります。

【B・A・Rホンダ チームサプライヤーロゴ】

(昭和電工はチームサプライヤーとしてB・A・Rホンダを応援しています。)

以上

【ご参考】
B・A・R ホンダ

1999年オーストラリアグランプリよりF1に参戦。本拠地イギリス。2000年、2003年にコンストラクターズ順位で5位という成績を残している。2004年のドライバーは、J・バトン、佐藤琢磨。2004年は好調であり、現在、3位につけている。