ニュースリリース

組織改定のお知らせ

2004年6月29日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、アルミニウム事業部門の研究開発と生産技術機能の強化を目的とした組織改定を決定いたしましたのでお知らせいたします。

1、改定の概要

  • アルミニウム事業部門内の押出品事業部とアルミ機能材事業部を統合し「押出・機能材事業部」とする。
  • アルミニウム事業部門内の研究開発及び生産技術機能を統合して「技術センター」を新設する。これにともない、現在の加工技術開発センターを廃止する。

2、背景

アルミ機能材事業部の主力製品であるプリンター用アルミ製シリンダーは、押出品事業部が生産する素管を材料としており、品質向上と開発力強化のために素材から最終製品までの一体運営を行うことが不可欠と判断し、両事業部を統合することを決定いたしました。また、効率的な生産・開発の推進を目的とする技術センターを新設し、アルミニウム事業部門で共通する基盤技術(ダイス・金型等)と要素技術(溶解・鋳造等)を集中することにより、生産技術力と研究開発力の強化を図ります。

3、組織機構図

4、 改定時期

2004年7月1日
昭和電工グループは、経営方針にて「市場からの発想と技術立社の推進」を掲げております。今回の組織改訂により、更なる技術開発力の強化と事業運営の効率化を図り、今後とも世界でトップレベルの品質をお客様に提供して参ります。