トップページ>ニュースリリース>2004>テトラロン類合成用新触媒を開発

ニュースリリース

テトラロン類合成用新触媒を開発

2004年9月1日

昭和電工株式会社(大橋光夫 社長)は、医農薬等の中間体であるα-テトラロン類合成のための新触媒を開発しました。これは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)および化学技術戦略推進機構(JCII)の次世代化学プロセス技術開発における「新固体酸触媒プロセス技術の開発」プロジェクトに参画することよって得られた成果です。

α-テトラロン類(参考図参照)は、ベンゼン環と6員環ケトンの2つの環構造を持つ特異な化合物であり、医農薬等の合成用基礎原料として極めて有用です。 α-テトラロン類が重要な合成中間体として用いられる製品として、殺虫剤のカルバリルや抗うつ剤のセルトラリン等があります。特に、セルトラリンの売上げは年間約3000億円となっており、これら医農薬の合成中間体として用いられるα-テトラロン類の市場は50億円を越える規模が想定されます。

現在、α-テトラロン類は塩化アルミニウム等の金属化合物を用い、多段階の反応工程を経て合成されています。このため、廃棄物が大量に発生するなどの問題点が指摘されており、環境への負荷を低減する製造方法の開発が望まれていました。

この度、当社が開発した合成方法は、酢酸、酢酸エチル等のアセチル化学事業で蓄積した触媒技術による新規の固体酸触媒を使用しており、その特徴は次の通りです。

  • 新規固体酸触媒を用いることにより、従来の塩化アルミニウム等を用いる合成方法に比べて、廃棄物が大幅に削減できる。
  • 原料であるパラキシレン等ベンゼン誘導体と環状ラクトンからα-テトラロン類を一段階で直接合成することが可能であり、従来の多段合成法に比べてコストを大きく低減できる。
  • 同様の合成法を用いることにより、現在開発が進められている新規医農薬の合成中間体である、ベンゼン環構造と7員環ケトン構造を持つα-ベンゾスベロン類(参考図参照)の合成が可能となる。

当社は、「市場からの発想と技術立社の推進」を経営方針とし、現在、中期経営計画(プロジェクト・スプラウト)を推進しております。R&D体制については、全社横断的な研究開発技術者組織であるテクノロジー・プラットフォーム(TPF)の活動を通じて、基盤技術の強化・深化と研究開発のスピードアップを図っております。本成果につきましても、今後、高機能触媒TPFを中心として、実用化に向けた技術開発を進めて参ります。

以上

1.用語

  • 固体酸触媒
    ゼオライトやシリカアルミナなど表面に強い酸性の活性点を持つ固体の触媒をいい、比較的安価な上、反応生成物との分離が容易であるなど利点が多い。表面に種々の金属を担持させるなど新たな工夫によって、合成触媒として応用範囲の拡大が期待されている。
  • テクノロジー・プラットフォーム(TPF)
    事業部組織や配属地域を越えた要素技術別の横断的組織。現在及び将来の当社グループに必須なコア技術として27の要素技術別プラットフォームが設定されており、当社グループの研究開発系技術者五百数十名が所属している。

2.補足説明

  • 医農薬用途向けのα‐テトラロン類は年間1,000トン以上生産されており、製造時に廃棄される金属化合物は約6,000トンと想定される。新規固体酸触媒による合成法を用いることにより、この廃棄物を削減することが可能となる。
  • 中間原料としてα-ベンゾスベロン類を用いることが検討されている開発中の医薬品として、抗けいれん剤や抗肥満薬等がある。

3.参考図