トップページ>ニュースリリース>2004>高出力(4V)フィルム型色素太陽電池の開発にペクセル・テクノロジーズが成功 ―昭和電工と酸化チタンペースト開発・生産で提携―

ニュースリリース

高出力(4V)フィルム型色素太陽電池の開発にペクセル・テクノロジーズが成功 ―昭和電工と酸化チタンペースト開発・生産で提携―

2004年9月15日
ペクセル・テクノロジーズ株式会社
昭和電工株式会社

ペクセル・テクノロジーズ株式会社(本社:横浜市青葉区、社長:桐蔭横浜大学大学院 宮坂力教授 以下 ペクセル社)は、この度、フィルム型携帯色素太陽電池(以下 DSC)の開発において、光照射下でリチウムイオン電池と同等の4V以上の高出力を実現し、DSCの実用化に向けて大きく前進いたしました。なお、ペクセル社はDSC関連技術の開発を目的として本年3月に設立された大学ベンチャーです。

また、ペクセル社と昭和電工株式会社(本社:東京都港区、社長:大橋光夫 以下 SDK)は、従来のガラス型および上記のように携帯が可能なフィルム型DSCの心臓部品である、電極用酸化チタンペーストの開発・生産について提携することに合意いたしました。
SDKが酸化チタン微粉を提供し宮坂教授が評価・アドバイスを行なう等、両者は以前より協力関係にあり、ペクセル社設立に際してのSDK出資を機に、一層の協力関係の強化を検討した結果、この度以下の合意に至ったものです。

  • ペクセル社は、SDKの酸化チタン微粉を使用して開発したDSC電極用酸化チタンペーストに関する特許・技術をSDKに供与する。
  • SDKは、上記ペーストの生産・販売を行う。
  • 従来独自に進めていたペーストの開発を、両社が一体となって進めることにより、開発の効率化・スピードアップを図るとともに、量産体制の構築によるコストダウンを図る。

SDKの酸化チタン微粉は、酸化チタン粒子を10~500nmの範囲で任意な粒径に作り分ける「ナノサイズの粒径制御技術」をベースとしており、以下の極めて優れた特長を有しております。

  • 多くの色素担持を実現 (非常に細かい粒子のため表面積が大きい)
  • 高い電子伝導性を有する (粒子の適正な連結構造)
  • 良好な電解質拡散を実現 (連結粒子の適正な空孔構造)

DSCは、色素が光を吸収した際に発生する励起電子が酸化チタン等の半導体粒子の電極に流れて起電力を発生する仕組みの高性能、低コストの太陽電池です。このなかでもフィルム型DSCは軽量、安全、フレキシブルを特長としており、折り曲げや形状加工が容易なうえに、使用する色素によりカラフルなボディーを提供することから、シリコン型太陽電池に次ぐ次世代型太陽電池として注目されております。フィルム型DSCの市場としては、以下が考えられます。

  • IT、ユビキタス (携帯電話・PDA等の携帯端末) 電源市場
  • ハウスエクステリア、インテリア市場
  • 各種ディスプレイ、自動車、農業、環境関連市場

初めに携帯電源としての応用が進むものと想定されますが、国内の携帯端末ユーザーの10%が利用した場合、その市場規模は約2百億円と推定しております。
なお、ペクセル社では、フィルム型DSCのサンプル出荷を2006年に開始することを計画しております。

以上

製品に関するお問合せ先

フィルム型色素太陽電池
*ペクセル・テクノロジーズ(株) 045-974-5656

酸化チタンペースト、微粉
*昭和電工(株)セラミックス第二営業部 045-453-5125

報道機関お問合せ先

*ペクセル・テクノロジーズ(株)  045-974-5656
*昭和電工(株)広報・IRグループ 03-5470-3235

(ご参考)

ペクセル・テクノロジー株式会社の概要

1.本店所在地 横浜市青葉区鉄町1614 (桐蔭横浜大学内)
2.代表者 代表取締役社長 宮坂 力 (桐蔭横浜大学大学院教授)
3.設立 2004年3月
4.主な株主 学校法人 桐蔭学園 34%
宮坂 力 11%
昭和電工(株) 11%
小島化学薬品(株) 11%
藤森工業(株) 11%
5.目的 光エネルギー変換素子とその構造部材ならびに光機能性材料の研究開発、販売、性能評価試験の受託

左上 フィルム色素太陽電池
(名刺サイズ、重さ2.5g、厚さ400μm、開回路電圧0.7V)
右上 4V級フィルム色素太陽電池モジュール
(サイズ12×12cm、厚さ約500μm、重さ15g、
最大 開回路電圧4.3V、0.25 sunにおける電流値約30mA)、 写真は27W蛍光灯の照射下での電圧表示。
酸化チタン粉末のTEM写真