トップページ>ニュースリリース>2004>新規殺虫剤「カウンター乳剤」の販売を開始

ニュースリリース

新規殺虫剤「カウンター乳剤」の販売を開始

2004年10月5日
(株)エス・ディー・エス バイオテック
昭和電工株式会社

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)の農薬事業の連結子会社である(株)エス・ディー・エス バイオテック(本社:東京都港区、白井孝社長、以下SDS)は、新規殺虫剤「カウンター乳剤(農薬の種類:ノバルロン乳剤)」の農薬登録(農林水産省登録第21303号)を平成16年7月5日に取得いたしました。
本剤は農薬の登録システムの変更により制定された内閣府食品安全委員会の審査による新登録制度適用の第一号剤であり、平成16年10月から販売を開始いたします。
本剤の有効成分であるノバルロンは、イスラエルのマクテシム アガン インダストリーズ社(日本現地法人 (株)マガン・ジャパン 代表取締役 畠山昌久)がアメリカをはじめ世界二十カ国以上で登録をもつ、*1)キチン合成阻害型の新規殺虫剤です。

本「カウンター乳剤」は、コナガ、アオムシ、ヨトウムシ、オオタバコガなどの主要*2)鱗翅目害虫はもちろん、ハウス栽培等の難防除害虫として問題化しているマメハモグリバエ及びコナジラミ類(シルバーリーフコナジラミ、オンシツコナジラミ)に対し、高い殺虫効果と長い殺虫持続効果を発揮いたします。海外から近年侵入したこれら難防除害虫に対しては登録農薬が少なく、また、薬剤抵抗性が発達しやすい特徴をもつため、これらに対して有効な殺虫剤の拡充が望まれていました。

また、本剤は人畜、魚類に対して安全性が高く、また、各種寄生蜂類、チリカブリダニ、ウズキコモリグモ等の天敵類、ミツバチ、マルハナバチなどの訪花昆虫の活動等にも影響が見られず、*3)総合的害虫防除(IPM)に適した薬剤のひとつとして期待されます。

今回の登録作物は、トマト、なす、キャベツの3種類ですが、今後は本剤の特長を最大限に生かし、難防除害虫が多発する施設野菜を中心に各種適用作物、適用害虫の拡充、拡大を図ります。また、販売はSDSが各地域の商系卸を中心に全国展開してまいります。

SDSは、主力製品の野菜用殺菌剤、水稲用除草剤を中心に農薬事業を展開する一方、微生物殺虫剤(BT剤:チューンアップ®顆粒水和剤)、天敵線虫剤(バイオセーフ®、バイオトピア®)、微生物殺菌剤(インプレッション®水和剤) などの生物農薬も上市しております。
本カウンター乳剤も、生物農薬と並び環境保全型農業に適した農薬として開発された殺虫剤であり、今後も時代に求められる環境にやさしい農薬の開発・上市に注力してまいります。

以上

お客様お問合せ先
(株)エス・ディー・エス バイオテック営業開発部
03-5427-2420

(ご参考)
  • *1)キチン合成阻害型殺虫剤
    昆虫の表皮を形成するキチン質の合成を阻害し、昆虫が正常に脱皮を行えなくすることにより殺虫する薬剤。
  • *2)鱗翅目害虫  チョウ類、ガ類
  • *3)総合的害虫防除(IPM:Integrated Pest Management)
    化学的防除(薬剤による防除)だけでなく、天敵利用等による生物的防除、環境制御等による物理的防除、さらに耕種的防除を総合的に活用することにより、経済的に許容できる害虫密度に制御し環境負荷の低減を目指す防除法。