トップページ>ニュースリリース>2004>高出力 青色LEDチップ事業への参入

ニュースリリース

高出力 青色LEDチップ事業への参入

2004年10月25日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、独自の技術によって市場最高級の高出力を有する窒化ガリウム(GaN)系青色LEDチップの開発に成功し、市場参入を行います。青色LEDは、携帯電話、屋外ディスプレイ、照明、車載用途に需要が拡大しております。

1.概要

この度、当社が開発した高出力GaN系青色LEDチップは、当社が保有する化合物半導体の技術とハードディスクの技術を融合させることにより、独自のエピタキシャルウェーハ構造およびチップ製造プロセスを確立し、*1)フリップチップ構造で12mWの市場最高級の出力を達成いたしました。さらにこの製品は、市販品と比較し「駆動電圧が低い」、「消費電力が小さい」という特長も併せ持ちます。
これらの優れた特長は、携帯電話等のモバイル機器用途で必要とされる性能に優位性を発揮するため、液晶ディスプレイのバックライトおよび携帯電話のカメラフラッシュ用高輝度白色LED等への利用が見込まれます。また、放熱特性や信頼性の向上が期待できるフリップチップ構造の採用により、車載用途、照明用途での利用が期待されます。

2.事業化計画

当社は、月産30百万個の高出力GaN系青色LEDチップ生産設備を千葉事業所に新設中です。本年11月からサンプル供給を行い、2005年より生産を開始し、2005年中に月間30百万個の販売を目指します。
当社は本製品について、需要増大に合わせて生産能力を逐次拡充し、2008年には200億円規模の事業への育成を図ります。

3.高出力青色LEDチップの用途

GaN系青色LEDチップは、近紫外から緑色の波長域(360nm~530nm)におけるLEDとして使用されており、現在の主な用途は、携帯電話の液晶ディスプレイバックライト用とキーパッド用光源です。 特に、高出力の青色LEDチップは、蛍光体との組合せによる白色LEDとしての用途向けに急激に需要が拡大しており、今後のさらなる高出力化の進展により、自動車用ヘッドライトおよび一般照明として用途拡大が見込まれております。 
また、GaN系緑色LEDおよびAlInGaP系赤色LEDとの組合せにより、フルカラーディスプレイや液晶テレビ用バックライト等への応用が進みつつあります。
このような背景の下、GaN系LEDの市場は年率20%以上の拡大が継続することが予想されます。

4.当社の化合物半導体事業について

当社は、1970年代初頭からGaPをはじめとする化合物半導体オプトデバイス材料分野において、エピタキシャルウェーハおよびチップを軸として事業展開しており、現在、GaN系を除く化合物半導体オプトデバイス材料分野で、世界トップのシェアを有しております。  また、下記のような特徴ある製品展開を進めることにより、更なる事業拡大を図ります。
1) 需要が旺盛なDVDおよびCD用*2)光ピックアップレーザーダイオード向けにエピタキシャルウェーハを供給
2) AlInGaP系4元LED市場において、世界最高レベルの輝度を誇るLEDを開発
3) 今後の市場拡大が見込まれるGaN系超高輝度LED分野における事業展開
当社は、現在推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、化合物半導体事業を重要な成長戦略事業と位置付け、積極的に経営資源を投入しております。

以上

お客様お問合せ先
電子材料事業部営業部  03-5470-3293

(ご参考)

1.当社の化合物半導体製品群

  • LED向けエピタキシャルウェーハ、チップ
    GaP(黄緑)
    GaAs(赤外)、AlGaAs(赤、赤外)
    AlInGaP(赤色~黄緑)
  • 光ピックアップ向けエピタキシャルウェーハ
    AlInGaP(赤色)… DVD用
    AlGaAs(赤外) … CD用
  • 光通信向け単結晶ミラーウェーハ、エピタキシャルウェーハ
    InP
  • 高周波通信向けエピタキシャルウェーハ
    InP、GaAs

*1)フリップチップ

  • EDチップの上面(エピ面)側から両電極を取り、天地をひっくり返した状態で実装するタイプのチップ(図1参照)で、以下の特長を有する。
  • ワイヤーボンディングで実装するタイプの、発光面が上面にある最も汎用的なLED素子構造であるフェースアップ構造(図2参照)に対し、従来の下面である基板を透明化することで全面にわたって光を取出せる。
  • エピ面側に適切な反射機構を付加することで、さらに光の取出し効率を高めることができる。
  • 下側となる電極面を金バンプ(ボール)またはハンダで直接実装できるため、小型化が可能となる。
  • 放熱特性の向上や信頼性特性の向上が期待されるため、将来、車載用LED、一般照明用LED用として市場が拡大するものと期待されている。

*2)光ピックアップレーザーダイオード
図1 フリップチップの実装図       図2 フェースアップチップの実装図