トップページ>ニュースリリース>2004>カーエアコン用熱交換器中国生産の開始

ニュースリリース

カーエアコン用熱交換器中国生産の開始

2004年11月5日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、急成長が続く中国の自動車生産に対応するため、中国のカーエアコン用熱交換器の有力メーカーである「大洋汽車空調工程(大連)有限公司(以下、大洋汽車)」に出資することに合意し、この度、合弁契約を締結いたしました。なお、これを機に大洋汽車は『大洋昭和汽車空調(大連)有限公司(以下、新会社)』に社名を変更いたします。
また、当社は新会社に、当社が保有する最新技術および生産ノウハウ等を供与いたします。これにより、当社は米国、タイ、チェコに続き中国でのカーエアコン用熱交換器事業に進出するとともに、フォルクスワーゲン(以下、VW)グループ2社へ製品を納入いたします。

大洋汽車は、中国で自動車用配管事業、バス用エアコン事業等を展開する香港の投資会社「香港グランドオーシャン社(以下、香港グランドオーシャン)」と、大連の有力企業グループである氷山グループの中核企業「大連冷凍機股イ分有限公司(以下、大連冷凍機)」の2社により、1993年に設立されました。この度当社は、両社より計35%の株式を譲り受け、経営に参画し副総経理を派遣いたします。

当社はVWグループの欧州・メキシコ拠点に、VWが世界的に定めるスペックに対応した最新のカーエアコン用熱交換器を年間約200万台販売しております。また、大洋汽車の主要顧客はVWグループの第一汽車VW(長春)と上海VWの2社であります。今般の当社の資本参加および技術供与により、新会社は2005年初より、VWの世界的スペックを満たす製品の両社への納入を開始いたします。
現在、大洋汽車の生産能力は年産25万台ですが、新会社は2007年に向けて、段階的に生産能力を65万台まで増強する予定です。

当社は、現在推進中の中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において熱交換器事業を成長戦略事業と定め、積極的に事業を展開しております。
当社はグループとして、世界のVWグループへの販売数量の拡大を図るとともに、今後、中国国内でのカーエアコン用熱交換器のシェアアップを進めてまいります。

大洋昭和汽車空調(大連)有限公司の概要

所在地 中国 大連市 大連経済技術開発区
代表者 董事長 張 和(大連冷凍機 董事長)
設立 1993年
資本金 8百万米ドル
株主 香港グランドオーシャン 40%
昭和電工(株) 35%
大連冷凍機 25%
売上高 2003年実績 1億5千万元(約20億円)
事業内容 カーエアコン用熱交換器(エバポレーター、コンデンサ、関連部品)
従業員数 180人

以上

お客様お問合せ先
熱交換器事業部営業部 0285-30-1431

(ご参考)

香港グランドオーシャン社の概要

所在地 香港 新界 葵徳工業中心
代表者 社長 顔 以福
事業内容 カーエアコン関連、バス用エアコン関連、冷凍・冷蔵車関連の中国での事業展開
従業員数 700人

大連冷凍機股イ分有限公司の概要

所在地 大連市 沙河口西南路
代表者 董事長 張 和
設立 1930年
資本金 3.5億元 (約50億円)
売上高 15億元 (約200億円)
事業内容 大型冷凍機、コンプレッサー、空調機器、コールドチェーン機器の生産販売
従業員数 1950人

以上