トップページ>ニュースリリース>2004>しわに効果 ビタミンC誘導体 “アプレシエ” を新発売 ~活性酸素を除去し、肌の奥からコラーゲン再生を活発化~

ニュースリリース

しわに効果 ビタミンC誘導体 “アプレシエ” を新発売 ~活性酸素を除去し、肌の奥からコラーゲン再生を活発化~

2004年12月1日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、皮膚や細胞膜に深く浸透し、しわ対策(リンクルケア)に優れた効果が期待できる化粧品添加用ビタミンC新規誘導体 「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na (Trisodium Ascorbyl Palmitate Phosphate 略称APSS 商品名“アプレシエ”“APPRECIER”(*)」 の開発に世界で初めて成功し、2005年1月より化粧品メーカーへの販売を開始いたします。

しわは、紫外線等の様々な刺激により皮膚の奥で発生したコラーゲン分解酵素や活性酸素が、真皮のコラーゲンや弾力繊維を分解し肌の弾力が失われることによって引き起こされます。(図) 夜型のライフスタイルや冷暖房などの影響により、皮膚への刺激は最近ますます増加し、目じり等のしわは最も代表的な肌の悩みとなっております。

活性酸素の除去や活性酸素による細胞の酸化を防ぐ(抗酸化)作用、またコラーゲンの合成促進に対して、ビタミンCが顕著な効果を示すことはこれまでも広く知られていました。しかし、ビタミンCは熱や水中で分解しやすい性質を持つため、化粧品等への添加による効果は限定されていました。当社は、このビタミン Cの欠点を改良し、水や熱によって分解されないビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg Magnesium Ascorbyl Phosphate, 商品名“アスコルビン酸PM”以下APM)を開発し、メラニンの生成を抑制し、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ美白化粧品向けに1985年より販売してまいりました。

今回新たに発売する “アプレシエ”は、APMの持つ優れた美白効果をそのまま保持しつつ、親油性を付与することにより皮膚への浸透性を高め、有効成分であるビタミンCを真皮にまで届けることを可能としました。そして、皮膚の奥からしわの原因となる活性酸素を除去し、皮膚の弾力性を保つコラーゲンの合成促進と分解抑制に寄与します。“アプレシエ”を使用した場合、真皮内のビタミンC量は、APMに比較し大きく向上することが確かめられています。(グラフ)
実際に“アプレシエ”を皮膚表面に塗布し試験をおこなったところ、塗布する前に比べ、塗布後はしわの形成が抑制されました。また、美白、しみ等についても改善することが報告されています。

“アプレシエ”とその効能については、本年、皮膚科学会等において発表を行いましたが、それ以降、多数のお客様よりお問い合わせを頂いており、2005年から“アプレシエ”が採用された化粧品の販売が開始される見込みです。

当社は、中期経営計画プロジェクト・スプラウトにおいて、アメニティライフに貢献する化粧品原料事業を重要な成長戦略事業と位置づけ、積極的に研究開発・市場開拓に注力しています。美白効果を持つAPM、今回販売を開始するしわ対策用“アプレシエ”等を始めとする高機能製品の開発、市場投入を今後も継続し、2010年には当化粧品原料の分野において50億円の売上げを達成する予定です。

以上

(ご参考)

(図) 皮膚の模式図

(グラフ) ヒトの皮膚によるビタミンC富化の比較


* 商品名 “アプレシエ”、“APPRECIER”は、昭和電工(株)の商標(登録出願中)です。

お客様お問合せ先
特殊化学品事業部特殊化学品事業部(ビタミン香粧品グループ)  044-329-0725