トップページ>ニュースリリース>2004>「グリーン購買ガイドライン」の制定について

ニュースリリース

「グリーン購買ガイドライン」の制定について

2004年12月17日

昭和電工株式会社(大橋光夫社長)は、CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)活動の一環として、「グリーン購買ガイドライン」を制定いたしました。当ガイドラインを、環境に配慮した製品を優先的に購入するための指針とすることにより、当社の経営の重要課題として位置付ける環境負荷の低減や地球環境の保全等の環境問題への取組みの強化につなげます。

グリーン購買とは、購入品の選定にあたり、コストや品質に加えて環境負荷を条件として設定し、より環境に配慮した製品の優先的調達を実践するものです。2001年4月の「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」の施行により、政府機関はグリーン購買を行うことが義務付けられ、同時に企業や地方自治体もグリーン購買を進めていくことが求められています。また、当社は1995年3月より、化学物質の全ライフサイクルに渡って安全、健康、環境を確保するレスポンシブルケア活動を推進しており、グリーン購買はこの活動の一環としても位置付けております。

今回の「グリーン購買ガイドライン」の制定により、当社は、従来からの品質・価格・納期・サービス・技術開発力といった基準に、新たに「環境への取組み」と「商品の環境特性」を加え、総合的な評価を行うことにより購入品を選定いたします。特に、当社が仕様書等で材料を指定する商品についてはお取引先の「環境への取組み」に対して、お取引先が仕様、材料を決定する商品については「商品の環境特性」に対して比重を置き評価いたします。

「グリーン購買ガイドライン」の具体的な推進方法としては、全社共通で管理購入を行っている事務用品等汎用品に関しては、「エコマーク認定品」、「グリーン購入法適合商品」を優先的に購入いたします。また、当社各事業部において使用する原材料・包装材料に関しては、ガイドラインにより、購入品別の評価基準を制定いたします。資機材に関しては、仕様書決定の際にガイドラインに基づいた購入先評価基準を設定し、購入先を選定いたします。
当社は企業の継続的な成長・発展と長期的な企業価値の向上を図るため、環境・安全・健康への配慮を重要な経営課題と位置付け、CSR活動に積極的に取り組んでおります。今後とも、社会的に有用な製品の提供、技術の開発を行うとともに、環境負荷の低減に積極的に取り組み、国際社会の健全な発展に貢献してまいります。

本件に関するお問合せ先
お取引先様お問い合わせ先 購買グループ 03-5470-3675
報道機関お問合せ先 広報・IRグループ 03-5470-3235