トップページ>ニュースリリース>2005>2005年社長年頭挨拶要旨

ニュースリリース

2005年社長年頭挨拶要旨

2005年1月4日
代表取締役社長
高橋 恭平

“変革への情熱” 「スプラウト最終年 更なるスピードアップを!」

昨年2004年は、中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」の2005年目標を1年前倒しで達成し、全体としては目標を上回る業績を挙げることができました。しかし、個別に見るとまだまだ多くの課題が残されており、「プロジェクト・スプラウト」の最も大きな柱である成長戦略事業の伸長については、最終年における更なるスピードアップが必要です。
そのため、本年は、量的側面のみならず質的な面でも目標を達成し、真の意味において「プロジェクト・スプラウト」を完遂することを経営方針といたします。特に成長戦略事業はポストスプラウトにおける持続的な成長の鍵です。“他社並み”、“他社追い”の製品で収益を上げることはできません。スピードと独創性を持ち、オンリーワン・ナンバーワン製品を生み出す、“個性派化学”を実現しましょう。

その実現のためのキーワードとして5つのCとひとつのPをあげます。5つのCとは、
“Challenge”(常に高い目標に向けた継続的挑戦)
“Commit”(決めたことは必ず守り実現する企業文化)
“Complete”(何が何でも最後までやり遂げる執着心)
“Collaboration”(強い緊張感を持った協働体制)
“Contribution”(社会や株主に対する貢献)
です。そして、ひとつのPとは、
“Passion for change”(変革への熱き情熱)
であり、私がもっとも大事にしている言葉です。命令されて行うのではなく、自分の強烈な意思に突き動かされ能動的に変革していく情熱、まさに、これこそが成功へのエンジンであると考えます。危機感を変革への情熱に変えましょう。
「プロジェクト・スプラウト」の最終年である今年と、これに続くポストスプラウトの3年間は、“個性派化学”を確立・深化させ“真の一流企業”になるため、また、製品・事業を通じて社会に貢献し評価される企業となるため、これまで以上に変革を加速していかなくてはなりません。従業員ひとりひとりが、“猛烈な1年間”として、厳しさを持って進んでください。
今年の干支は、柔らかな草木が成長・成熟していくという“乙酉(きのととり)”です。「プロジェクト・スプラウト」を真に成長・成熟したものとするため、熱き情熱を持ってスピーディに課題に取り組んでください。

以上

≪2005年グループ経営方針≫

“スプラウト最終年 更なるスピードアップを!”
すべての目標を完遂し、利益の上乗せを実現しよう

≪年間実行課題≫

  • 達成! 役割完遂による成果目標
    -あなたの成果が、個性派化学を確立する-
  • 遵守! 企業行動規範・指針
    -あなたの行動が、グループ全体の信用を築きあげる-
  • 徹底! 安全・安定操業とレスポンシブル・ケア
    -あなたの自覚が、事故・災害ゼロを実現する-