トップページ>ニュースリリース>2005>昭和アルミビューテック㈱の解散方針に基づく引当金の計上について

ニュースリリース

昭和アルミビューテック㈱の解散方針に基づく引当金の計上について

2005年2月1日

当社は、連結子会社の昭和アルミビューテック株式会社を解散する方針を固め、平成16年12月期決算において当解散に対応する引当金を計上することにしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.解散の理由

当社は、2005年を最終年とする中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」において、汎用アルミニウム事業を「再構築事業」と位置付け、事業構造の改革ならびに最適経営環境の追求を行っております。この方針の下、これまでに押出品事業の拠点集約化、アルミニウム地金の開発輸入に関わる日本アマゾンアルミニウム株式会社の株式売却等を実施しております。
昭和アルミビューテック株式会社は、当社100%出資の連結子会社として、主にアルミ押出品の川下事業を展開してまいりました。しかしながら、主力とするエクステリア事業の市場縮小が止まらず、厳しい経営環境にあります。このため、譲渡可能な個別事業・製品については売却を行い、その後、同社を解散する方針といたしました。

2.引当金計上について

上記解散方針に関連し、平成16年12月期の当社決算において、連結で約3億円、単独で約17億円の引当金を特別損失として計上する予定です。
なお、上記特別損失の計上につきましては、平成16年11月16日発表の当社連結並びに単独の業績予想に織り込み済みです。
また、当社の平成16年12月期の決算につきましては、来る2月9日に発表の予定です。

3.日程

詳細は未定ですが、解散は9月頃を予定しており、平成17年末までに清算を結了する見込みです。

以上

(ご参考)

1.昭和アルミビューテック株式会社の概要

1)商号 昭和アルミビューテック株式会社
2)本店所在地 東京都台東区東上野6-2-1
3)代表者氏名 岸 晃八
4)事業内容 ポール、景観製品、道路資材、エクステリア製品、アルミ加工製品他
5)設立年月日 昭和38年9月
6)資本金 227百万円
7)総資産 4,153百万円 (平成15年12月期)
8)決算期 12月末
9)従業員数 135人(平成16年12月末現在)
10)株主 昭和電工株式会社 100%

2.昭和アルミビューテック株式会社 最近3年間の業績

(単位:百万円)
平成13年12月期 平成14年12月期 平成15年12月期
売上高 2,671 4,096 5,473
経常利益 △313 △109 △72
当期純利益 △266 △146 △246

(注)平成13年12月期は9ヶ月決算