トップページ>ニュースリリース>2005>金属事業の再構築を完了 -低炭素フェロクロム合弁事業の解消について-

ニュースリリース

金属事業の再構築を完了 -低炭素フェロクロム合弁事業の解消について-

2005年4月18日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、サマンコール社(南アフリカ共和国)および丸紅株式会社との合弁事業である低炭素フェロクロム製造会社「ミドルバーグ・テクノクロム社」(以下MTC、南アフリカ共和国)の所有株式をサマンコール社に譲渡し、低炭素フェロクロム製品の製造・販売を終了することを決定いたしました。当施策により、無機材料事業部門の一事業であるフェロアロイ事業から、当社は完全に撤退することになります。
MTCは、ステンレス・特殊鋼のクロム源として使用される低炭素フェロクロムの生産・販売を目的として1995年に設立され、サマンコール社が工場の操業を、当社と丸紅株式会社が日本における製品の販売を行ってまいりました。しかし、2003年初からの南アフリカ通貨ランドの急激な上昇によりMTCの業績は大幅に悪化し、その後、コストダウン等の努力を行ったものの現状の経済状況下においては、業績の改善は困難との結論に達しました。
そのため、当社は本年3月31日付で、MTCに関わる合弁契約を解消するとともに、当社の所有するMTCの株式をサマンコール社に譲渡することについて合意いたしました。これにより、当社はMTC社の経営から撤退いたしました。
なお、本件による当社の当期業績への影響はありません。
当社は、事業構造変革の一環として、2003年に高炭素フェロクロム事業の連結子会社である周南電工株式会社を解散する等、金属事業の抜本的改革を実施してまいりました。今般、MTC合弁事業の解消および日本国内における低炭素フェロクロム製品の販売の終了により、当社における金属事業の再構築は完了いたします。

以上

◆ お客様お問合せ先 炭素・金属事業部:03-5470-3510

(ご参考)

ミドルバーグ・テクノクロム社概要

(1) 社名 Middelburg Technochrome (Pty) Ltd.
(2) 社長 Jimmy Wilson
(3) 所在地 Middelburg 1050,Hendrina Road Middelburg,South Africa
(4) 資本構成 Samancor Limited, 65.5%、昭和電工 20.7%、丸紅 13.8%
(5) 売上高 298,431千ランド(約5,670百万円) <’03年7月-’04年6月>