トップページ>ニュースリリース>2005>ハードディスクの増設について

ニュースリリース

ハードディスクの増設について

2005年4月19日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、携帯音楽プレーヤー(MP3プレーヤー)等向けの直径1.89インチを中心とした小径のハードディスク(以下、HD)需要が旺盛なことから、HDの生産能力を月産305万枚増強し、月産1,375万枚とすることを決定しましたので、お知らせいたします。
HDは、デスクトップ型やノート型パソコンなどの既存の用途に加え、DVDレコーダー、携帯音楽プレーヤー等のコンシューマー・エレクトロニクス用途向けに需要が拡大しており、年率10%以上の伸びが続くと見込まれております。また、1インチ以下の超小径HDの携帯電話等への搭載が進むことなどにより、さらに需要が急拡大する見通しです。
当社は昨秋、高品質HDの供給体制を整えるため、千葉、シンガポール、台湾の各拠点において、既存工程の改善を中心とした生産能力の増強を行い、月産830万枚から1,070万枚に拡大いたしました。
しかしながら、お客様から引き続き強い増産要請を受けており、当社はこれにお応えすべく、生産設備の新設および工程改善により、さらに月産305万枚の増強を実施することといたしました。
本件に関する設備投資金額は約120億円であり、2006年3月までに順次稼動の予定です。
なお、今回新設するすべての生産ラインは、当社が既に1.89インチHDで量産技術を確立済みの垂直磁気記録方式に対応できるラインといたします。
また、現在開発中の世界最小径0.85インチHDの量産対応も視野に入れております。
当社は、HD事業を「成長戦略」に位置付けております。現在推進中の連結中期経営計画「プロジェク・スプラウト」において、HD事業を当初「再構築事業」に指定しておりましたが、M&A施策等を通じた事業構造の変革に取り組んだ結果、HD市場における世界トップクラスのシェアを獲得するとともに、高成長を実現できる事業基盤を確立いたしました。これにより、本年から、HD事業の全社事業ポートフォリオ上の位置付けを「再構築事業」から「成長戦略事業」へ変更いたしております。

以上