トップページ>ニュースリリース>2005>アルミ板事業の東日本地区営業機能と加工工程の集約について

ニュースリリース

アルミ板事業の東日本地区営業機能と加工工程の集約について

2005年6月6日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、当社の東日本地区(名古屋以東)におけるアルミニウム圧延板(以下 アルミ板)の営業機能ならびに、100%子会社の昭和電工堺アルミ株式会社(本社:大阪府堺市、渡辺芳一社長 以下 SSK)のアルミ板加工工程を、本年10月より100%子会社の昭和電工アルミ販売株式会社(本社:大阪市阿倍野区、米山正吉社長 以下 SDAT)に移管することを決定いたしました。
1.東日本地区のアルミ板営業機能の集約について
当社は既に2004年1月、西日本地区におけるアルミ板営業機能をSDATに統合し、メーカー・販売代理店の重複する営業機能の集約による連結ベースでの効率化を実施いたしました。
今般、東日本地区のアルミ板営業機能についてもSDATに統合し、営業機能のさらなる集約化と、販売価格、在庫管理、新規用途開拓等のマーケティングや営業機能の責任明確化により、アルミ板事業の強化を図ります。
なお、これに伴いSDATは東京に営業所を開設いたします。
2.アルミ板加工工程の集約について
SSKは、アルミ板とコンデンサー向け高純度電解箔を生産しております。アルミ板と箔の生産工程は、アルミニウムスラブを熱間・冷間圧延でコイルにするまでの前工程は共通ですが、後工程は大きく異なっております。
今般SSKは、アルミ板に関しては前工程に特化し、後工程(加工工程:加工、裁断、梱包、出荷等)をSDATに一括して移管することにより、加工工程の最適化を図ります。
さらにSSKは、これまで純アルミに近いJIS1000番台、JIS3000番台の合金でアルミ板を生産しておりましたが、これを機に、JIS5000番台のアルミ板の生産も開始し、品揃えを多様化いたします。
SDATは、従来から有するアルミ板の営業機能・倉庫機能に加え、加工事業も担当することで、アルミ板の加工センター機能を担います。
またSDATは、アルミ板の販売品目の拡充を図ることにより、現在約1,300トンの月間販売量を1,500トンまで高め、当社グループのアルミ板事業の収益拡大を図ります。
当社はこれまで、圧延品生産の分社化(SSKの設立)、関西地区販売代理店の統合
(SDATの設立)、アルミ押出品製造拠点の集約等汎用アルミニウム事業の強化策を実行しており、本施策もその一環です。

<昭和電工アルミ販売株式会社(SDAT)の概要>

1.本社 大阪市阿倍野区西田辺町1-1-1
2.代表者 取締役社長 米山 正吉
3.資本金 249百万円(昭和電工100%出資)
4.従業員数 89名
5.売上高 約153億円(2004年12月期)
6.営業拠点 大阪、福岡、徳島、沖縄

以上