トップページ>ニュースリリース>2005>特殊ナイロン事業の合弁解消について

ニュースリリース

特殊ナイロン事業の合弁解消について

2005年6月21日

EMS-CHEMIE AG(本社:スイス連邦共和国、以下EMS)と昭和電工株式会社(本社:東京都港区 高橋恭平社長、以下SDK)は、2000年5月に株式会社エムス昭和電工(本社:東京都台東区 ハンス・ワーナー・グライフ社長、以下 エムス昭和電工)を両社の合弁会社(持分比率EMS70:SDK30)として設立し、共同で事業運営を行ってまいりましたが、本年6月末をもって、エムス昭和電工がSDKの保有する同社株式を買い取り、合弁契約を解消することを決定いたしました。
EMSはスイスを本拠地とする「エムスグループ」の中核会社で、代表的なエンジニアリング・プラススチックの6・66・12ナイロン、透明ナイロン、半芳香族ナイロンおよびホットメルト共重合ナイロン等特殊ナイロン分野における世界のトップメーカーであり、1977年より日本国内でも事業を展開しておりました。
一方、SDKは1986年よりナイロン事業を展開しておりましたが、EMSの保有する特殊ナイロン製品とのシナジー効果の追求が、事業の拡大・強化策に不可欠との判断により、EMSとともにエムス昭和電工を設立し、同社に研究開発機能、市場開発機能を含むナイロン事業の移管と、営業権、特許権、研究設備の譲渡を行いました。
今般、当初の合弁契約期間である5年間が経過するに当たり、EMSとSDKは円満にエムス昭和電工の合弁を解消することで合意に到りました。
この合弁解消により、SDKは事業の選択と集中の方針に基づき特殊ナイロン事業から撤退いたします。
なお、これを機に、エムス昭和電工は社名をエムスケミー・ジャパン株式会社に変更し、EMS100%出資の日本法人として、引き続き特殊ナイロン事業を展開してまいります。 また、あわせて、技術開発センターを東京都大田区に移転いたします。

エムスケミー・ジャパン株式会社の概要

1.本社所在地 東京都台東区台東4-9-3
2.代表者 代表取締役社長 ハンス・ワーナー・グライフ
3.資本金 3億円
4.事業内容 ナイロン関連製品の研究、開発、製造、販売
5.売上高 約40億円
6.従業員数 20人

以上