トップページ>ニュースリリース>2005>合成樹脂加工事業の再編について ―石油化学事業の再構築 完了―

ニュースリリース

合成樹脂加工事業の再編について ―石油化学事業の再構築 完了―

2005年7月4日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長、以下 昭和電工)は、このたび、合成樹脂加工事業分野における連結子会社3社、株式会社ハイモールド(群馬県伊勢崎市、長島和夫社長、以下 ハイモールド)、平成ポリマー株式会社(茨城県かすみがうら市、山田孝雄社長、以下 平成ポリマー)、昭和電工プラスチックプロダクツ株式会社(東京都中央区、藤井豊春社長、以下 SPP)の事業再編を実施いたしました。
これら一連の事業再編により、昭和電工は、本年が最終年に当たる中期経営計画「プロジェクト・スプラウト」における「石油化学事業の再構築」を完了いたしました。

1.ハイモールド

ハイモールドは、昭和電工グループの合成樹脂加工会社3社を統合して1997年に設立し、川越工場にて自動車用の部品となる成形加工品を、群馬工場にて家電やOA機器等のハウジングを中心に生産してまいりました。

  • 自動車部品用成形加工品事業(川越工場)
    ハイモールドは、川越工場の土地、建屋、機械設備等の資産を、本年5月に川越工場製品の主要顧客であるテイ・エステック株式会社(埼玉県朝霞市、神田勝弥社長、以下TSテック)へ譲渡いたしました。
  • プラスチック成形家電・OA機器用外枠、飲料用ストロー事業(群馬工場)
    昭和電工は、本年7月1日、保有するハイモールド株式を、東南アジア、中国、台湾において家電・OA機器の外枠等のプラスチック成形品事業を展開する東洋電化工業グループのTOYO HYMOLD INTERNATIONAL Pte.,Ltd.(本社:シンガポール、橋本昭紘社長、以下 THI)に売却いたしました。
    これに伴い、ハイモールド群馬工場の土地、建屋、機械設備を含む本事業およびハイモールドがこれまで培った製品開発力、生産技術は、今後、THIの樹脂加工事業で活用され続け、群馬工場は同社のマザー工場となります。
    なお、紙パック等向けの飲料用ストロー事業は、従来ハイモールドと平成ポリマーで製造しSPPが販売を行っておりましたが、本年4月、その製造・販売のすべてをハイモールド1社に集約いたしました。

2.平成ポリマー

平成ポリマーは、昨年12月、本社を茨城工場内に移転し生産・販売の一体化による効率化を実現しました。また、本年4月、ストローの生産をハイモールドに移管したことから、今後平成ポリマーは、高機能製品である医療用フィルムと食品用フィルム等を中心に事業展開してまいります。

3.SPP

PPは、本年6月、大分工場のプラスチック積層フィルム事業(CPPフィルム)を株式会社オカモト(東京都文京区、岡本二郎社長)に譲渡いたしました。また、本年4月、飲料用ストロー事業をハイモールドに移管いたしました。今後SPPは、医療用輸液バッグや脱水・吸水シート「ピチット®」等の高機能製品を中心に事業展開してまいります。
昭和電工グループは、これまで、石油化学事業の競争力強化を実現すべく以下の再構築施策を進めてまいりました。

  • 大分コンビナートのコスト競争力強化
  • アセチルチェーンの海外展開およびアライアンス
  • 合成樹脂事業のアライアンス
  • 今回の「④合成樹脂加工事業の再編」により、「プロジェクト・スプラウト」における石油化学事業の構造改革は完了いたします。  今後は、“業界トップのコスト構造”と“競争力ある誘導品群”により、さらなる競争力強化を推進してまいります。

以上

(ご参考)

1.株式会社ハイモールドの概要

1.社名 株式会社ハイモールド
2.代表者 代表取締役社長 長島 和夫
3.本社所在地 群馬県伊勢崎市
4.資本金 80百万円
5.従業員 96人
6.株主 昭和電工(株) 100%
7.売上高 43億円 (平成16年12月期)

2.東洋電化工業株式会社の概要

1.社名 東洋電化工業株式会社
2.代表者 代表取締役社長 入交 英雄
3.本社所在地 高知県高知市
4.資本金 300百万円
5.従業員 286人  (平成17年3月末)
6.株主 259億円(平成17年3月期)

3.合成樹脂加工事業の再構築の経過

1995年月 10月 昭和電工の合成樹脂加工事業を分社化し、昭和電工プラスチックプロダクツ株式会社(SPP)を設立
1997年 4月 昭和電工のグループ会社である群馬昭和成形株式会社、三協プラス株式会社、株式会社ファインテックを合併し、株式会社ハイモールドを設立
  6月 昭和電工の「ピチット®」事業をSPPに譲渡
2001年 10月 平成ポリマーのラミネート事業を、昭和電工パッケージングへ統合
2004年 8月 平成ポリマーの上場を廃止し、昭和電工の完全子会社化
  12月 平成ポリマーの本社を茨城工場内に移転
2005年 4月 ストロー事業をハイモールドに集約
  5月 ハイモールド川越工場の資産・事業をTSテックへ譲渡
  6月 SPP大分工場のCPPフィルム事業を株式会社オカモトへ譲渡
  7月 ハイモールド株式を東洋電化工業グループへ売却