トップページ>ニュースリリース>2005>世界初、垂直磁気記録方式ハードディスク量産開始

ニュースリリース

世界初、垂直磁気記録方式ハードディスク量産開始

2005年7月19日

 昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、今般、垂直磁気記録方式用ハードディスクの量産出荷を世界で初めて開始しました。最新技術である垂直磁気記録方式の採用により記録容量の飛躍的な増加が可能となります。
ハードディスクは既存のデスクトップ型やノート型のパソコン用途だけではなく、PDA等のモバイル機器、DVDレコーダーや携帯音楽プレーヤー等の家電用途に需要が急拡大しています。特に、これらの新規用途では音声や動画に対応する大容量化技術の実用化が求められており、今般の量産出荷により、これまで研究開発レベルに留まっていた最先端技術の垂直磁気記録方式が世界で初めて実用化されることとなります。
垂直磁気記録方式は、現行の面内記録方式では限界に近づきつつあるハードディスク記録容量の大幅な拡大を可能にする技術です。面内記録方式がディスク面に水平に磁気を記録するのに対して、垂直磁気記録方式は縦方向に記録するため、記録密度を大幅に高めることが可能です。(*)

今般量産を開始するのは、携帯音楽プレーヤー向けに需要が増大する1.89インチサイズのハードディスクであり、記録容量は従来の面内記録方式の2 倍となる1枚あたり40ギガバイトです。当社は、2006年3月までにハードディスク月産能力を305万枚増産し1,375万枚にすることを既に発表しておりますが、増産時に新設するラインについては全て垂直磁気記録方式に対応可能なラインとなります。
また、当社は世界最小となる0.85インチサイズのハードディスクについても、量産を開始いたしました。当サイズが含まれる超小径ハードディスクは携帯電話への搭載が予定されており、年30%の需要の増加が期待されます。今後、開始予定の音楽ネット配信やテレビ番組配信により携帯電話に対する記録容量のニーズは急速に高まることが予想されます。0.85インチサイズのハードディスクの実用化はこのニーズにお応えする製品です。
当社は、ハードディスク事業を「成長戦略事業」に位置付け、積極的な投資を行っています。また、世界最高レベルの製品開発・技術力を背景に、世界トップクラスのシェアを獲得するとともに、今後、高成長するマーケットをリードする事業基盤を確立いたします。今後も、更なる小型化・高容量化を進めた高機能製品の開発により、情報テクノロジーの未来に貢献してまいります。

以上