トップページ>ニュースリリース>2005>新イソシアネ-トモノマー“カレンズ®BEI”販売開始

ニュースリリース

新イソシアネ-トモノマー“カレンズ®BEI”販売開始

2005年8月24日

 昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、液晶ディスプレーの製造やフォトレジストの微細加工に使用される高機能イソシアネ-トモノマー“カレンズ®BEI”[化学名;1,1-(ビスアクリロイルオキシメチル)エチルイソシアネート]を開発し、今月より販売を開始いたしました。
当社のイソシアネートモノマーは、各種の物質と容易に結合するイソシアネート基を利用して、主にポリマーに添加・反応させることにより、光硬化性を付与する機能を保有しています。液晶ディスプレーや半導体などの電子分野においては、製品の小型化、機能の急速な高度化を支えるため、精細・微細な表面加工が必要とされており、当社の有機合成技術を駆使したイソシアネートモノマーが発揮する光硬化機能は、これらの実現のために必要不可欠な存在となっています。

当社はイソシアネートモノマーを“カレンズR”シリーズとして展開しています。昨年、従来品“カレンズMOI®”の2倍の硬化速度を達成した“カレンズAOI®”を発売するなど、イソシアネートモノマーのトップメーカーとしてお客様のご要望にお応えする製品の開発を進めてまいりました。   今般、一つのイソシアネート基に対して、二つのアクリル基を持つ“カレンズ®BEI”の開発に成功いたしました。重合性を有するアクリル基を同一分子内に二つ持つことにより高い光硬化性を付与することが可能です。その主な特長は次の3点です。

  • 1.光硬化性が“カレンズAOI®”に比較し2倍
  • 2.ガラス、金属、PET樹脂等の基板への密着強度が“カレンズAOIR”に比較し2倍
  • 3.硬化時の収縮が“カレンズAOI®”に比較し大幅に減少(基板のそり等の発生なし)

なお、“カレンズ®BEI”は当社が世界で初めて開発した製品であり、当製品に関する物質特許および関連特許については既に出願済みです。
当社は「技術立社」と「市場からの発想」をベースに、成長戦略事業の一層の拡大による「個性派企業」の確立を進めています。イソシアネートモノマーは、当社「個性派製品」の一つとして、既存の“カレンズMOI®”、“カレンズAOI®”に今回の“カレンズ®BEI”を加え、一層のラインナップの充実化を進めてまいります。 

以上

◆お客様お問合せ先: 特殊化学品部 ファインケミカルズグループ 044-329-0726
◆カレンズシリーズホームページ: www.karenz.jp

・カレンズ®BEIの品質特性と特長 ( PDF 59KB )

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader (無償配付)」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社のサイトで入手することが可能です。
※Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。