トップページ>ニュースリリース>2005>電炉メーカー向け大口径32インチ電極 量産開始

ニュースリリース

電炉メーカー向け大口径32インチ電極 量産開始

2005年8月29日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、電炉メーカーで鉄鋼生産に使用される人造黒鉛電極(以下、黒鉛電極)において、最大口径(直径)となる32インチサイズの量産を開始いたしました。当サイズの電極は、国内で初めて東京製鐵株式会社岡山工場(岡山県倉敷市)にご採用いただくことが決定しており、本年11 月より納入の予定です。 黒鉛電極は、その材質の特性上、

  • 1.過酷な温度条件下で熱衝撃に強い(急激な温度の上下でもひずみが少ない)
  • 2.電気炉内でスクラップが崩落・衝突しても容易には折れない機械的強度を有する
  • 3.大電流が流せる物性を具備している

等の利点を持つことから、電炉メーカーにおいて原料の鉄スクラップを溶解するための材料として使用されるほか、ステンレス鋼や特殊鋼等の生産にも用いられております。
黒鉛電極は、原料コークスを成形し、焼成・黒鉛化することにより生産されます。口径の面積に比例して流す電流を増やすことが可能となるため、サイズの大型化はお客様の生産性の向上に大きく貢献いたします。しかし、大口径電極を安定的に製造するためには熱処理過程での高いレベルの品質管理が必要となります。当社は、世界でもトップクラスの黒鉛電極の生産メーカーとして培ってきた研究開発力により、この度、実際に電炉メーカーの鉄鋼生産に使用されるものとしては世界最大級となる32インチサイズ黒鉛電極の生産技術を確立いたしました。また、量産体制の整備についても、従来品の30インチ黒鉛電極の生産ラインを一部改良することにより、既に完了いたしております。
当社は当面の間、大町事業所(長野県大町市)において、上記32インチ黒鉛電極の量産を行いますが、需要の拡大に伴い、連結子会社である昭和電工カーボンInc.(米国サウスカロライナ州、 Robert C. Whitten社長)にも量産体制を整え、世界の32インチ黒鉛電極において50%のシェアを目指します。

以上

(ご参考)

人造黒鉛電極
左奥から32インチ、24インチ(2本)、20インチ(2本)

出荷を待つ人造黒鉛電極