トップページ>ニュースリリース>2005>液晶ガラス・ガラス基板用酸化セリウム研磨材の価格改定について

ニュースリリース

液晶ガラス・ガラス基板用酸化セリウム研磨材の価格改定について

2005年9月6日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、液晶ガラスやハードディスク用ガラス基板の表面研磨に使用される酸化セリウム研磨材(商標名:ショウロックスR、ショウロックスR V)の価格改定を下記の通り行うことを決定し、この度、お客様との交渉を開始いたしました。
液晶ガラスやハードディスク用ガラス基板は薄型テレビやノートパソコン等に使用され、近年の情報家電製品の需要伸長に支えられて市場は拡大を続けています。これらガラス製品の性能を確保するためには精密な表面研磨工程が不可欠であり、それを可能とする酸化セリウム研磨材への需要が増加しています。こうしたことから、当社の酸化セリウム研磨材「ショウロックスR」シリーズについても、その高い品質によりお客様にご愛顧を頂いており、出荷量は順調に増加しております。
一方、当社の「ショウロックスR」シリーズの主原料は中国産酸化希土であり、その価格は昨年後半に比較して20%あまり上昇しております。当社は、これまで合理化等のコストダウンにより原料コストアップを吸収するように努めてまいりましたが、原料の安定確保及び製品の安定供給体制を維持するため、今般、お客様にその一部のご負担をお願いせざるを得ないとの結論にいたりました。

1.価格改定幅 ショウロックスR(乾粉タイプ) 60円/Kg
ショウロックスR V(スラリータイプ) 12円/Kg
2.改定時期 2005年10月納入分より
3.理由 原料である中国産酸化希土の価格上昇
     ・ 中国政府による増値税の輸出還付(13%)の停止
・ 酸化希土の精鉱価格(25%)・副資材価格(40%)の高騰
・ 人民元の通貨バスケット連動制への移行

以上

◆ お客様お問合せ先 :セラミックス第2営業部 045-453-5125