トップページ>ニュースリリース>2005>中国における塗料等の溶剤リサイクル事業で資本提携

ニュースリリース

中国における塗料等の溶剤リサイクル事業で資本提携

2005年9月13日
昭和電工株式会社
昭光通商株式会社

 昭和電工株式会社(高橋恭平社)グループの中核商社である昭光通商株式会社(東京都港区、松原博社長、以下 昭光通商)は、この度、中国において、自動車の塗装等に使用される溶剤の製造およびそのリサイクル事業に参入するため、豊田化学工業株式会社(愛知県豊田市、杉浦敏夫社長、以下 豊田化学)と共同で中国企業に出資することを決定いたしました。
近年、中国国内での自動車生産の顕著な拡大により、自動車の塗装時または塗料製造工程等での使用済み溶剤の発生量も増加しており、コスト削減の観点からその再利用が求められております。また、今後、環境負荷低減の観点からも、リサイクルのニーズは高まっていくものと予想されています。昭光通商と豊田化学は中国華南地区で塗料向け溶剤を製造する広州瑞商化工有限公司(広東省増城市、楊國平総経理、以下 広州瑞商化工)の増資を2005年9月に引き受けることで広州瑞商化工の経営に参画し、新たに中国国内での溶剤リサイクル事業に参入いたします。
広州瑞商化工は、日系各社をはじめとする自動車メーカーの塗装工程、塗料メーカーや樹脂メーカー等から発生する使用済み溶剤を回収し、含有成分毎に蒸留・精製し、調整後再びユーザーへ供給するという一貫した事業を展開いたします。今後の需要拡大に対応するため、2006年5月の稼動開始予定でリサイクル設備の新設と溶剤設備の増設を行います。
広州瑞商化工は、既に日本国内で使用済み溶剤リサイクル事業に関して豊富な実績を有する豊田化学の技術を新たに導入いたします。昭光通商からは人材を派遣し、広州瑞商化工における原料調達と製品販売機能強化をはかります。また、リサイクルの流通に関しては広州瑞商化工の親会社である瑞商化学(香港)の取り扱う各種化学品原料のネットワークを活用いたします。
なお、増資後の広州瑞商化工の資本金は1,490万香港$(約2億2千万円)となり、出資比率は瑞商化学が65%、豊田化学工業が20%、昭光通商が15%となります。広州瑞商化工の売上目標は2010年に10億円を計画しております。

以上

◆本件に関するお問い合わせ先:昭光通商株式会社 総務グループ 03-3459-5021

パートナーの会社概要

*広州瑞商化工有限公司 (Guangzhou Raysound Chemical Co.,Ltd.)

場所 広東省増城市(広州郊外)
設立 1997年12月
総経理 楊 國平
業種 シンナー製造
資本金 700万HK$
年商 5億5千万円
生産能力 7,200t/年

(親会社:瑞商化学(香港) )
(Raysound Chemical (Holdings) Limited.)

場所 香港
設立 1994年
董事長 黄 瑞國
業種 化学品卸売業
資本金 2,000万HK$
年商 77億円
取扱数量 7万 MT/年
主な取扱品目 VAM、MEK、アセトン、フェノール、DMF、アクリル酸、MMA、EAC、ポバール

*豊田化学工業株式会社

場所 愛知県豊田市明和町
設立 1960年1月
社長 杉浦 敏夫
業種 シンナー再生
資本金 1,500万円
年商 30億円
精製能力 年間1万トン以上の使用済シンナーを回収精製。 量は更に増大の傾向

*昭光通商株式会社

場所 東京都港区芝公園
設立 1947年
社長 松原 博
資本金 80億円
年商 1,255億円
主な取扱商品 各種化学品、合成樹脂、アルミ、無機材料、分析機器等。