トップページ>ニュースリリース>2005>中国上海に駐在員事務所を開設

ニュースリリース

中国上海に駐在員事務所を開設

2005年11月7日
昭和炭酸株式会社

昭和炭酸株式会社(本社:東京都千代田区、森田正治社長)は、中国上海市に駐在員事務所を開設し、11月11日より業務を開始いたします。
当社はこれまで、自動車や各種産業機械に使用されるゴム製部品の仕上げ加工を目的とした冷凍式自動バリ取り装置(商品名:ウルトラショット)などの自社製品や、自然系冷媒ガス**(商品名:ナーレフ®)などを中心に中国へ輸出しております。
上海駐在員事務所の開設により、当社は、中国における代理店サポートと、市場動向調査や情報収集等のマーケティング機能の強化を図り、多様化するお客様のニーズに即応する体制を整えてまいります。
なお、上海駐在員事務所は、2003年1月タイ・バンコクに設立した現地法人サイアム昭和(SIAM SHOWA T&T CO.,LTD.)に続いて当社の2番目の海外拠点となります。

ゴム製部品成形時に金型からはみ出した余分なゴム(バリ)を、液化炭酸ガスや液体窒素の冷熱を利用して凍結し脆弱化させて除去する装置。従来のはさみで切り取る手作業と比べて、大量・均一に処理できる優位性がある。
**オゾン層破壊の原因とされるフロンガスの代替として、自然界に存在する炭酸ガス、イソブタンなどを、冷蔵庫や空調機の冷媒として使用する。

以上

【昭和炭酸株式会社 上海駐在員事務所の概要】

中国名 日本昭和炭酸株式会社 上海代表処
所在地 上海市浦東新区陸家嘴東路166号 中保大厦 1607号室
郵便番号200120(地下鉄2号線 陸家嘴駅 徒歩約7分)
連絡先 TEL:+86-21-6841-9939
FAX:+86-21-6841-9527
代表者(所長) 加園光彦(かその みつひこ)
設立年月日 2005年9月7日

◆本件のお問合せ先:昭和炭酸株式会社 海外チーム 小西川 健
TEL:03-3237-2366
FAX:03-3262-5654